旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

第34回 Wakoワークショップ「神経科学:基礎から臨床」

第34回 Wakoワークショップ「神経科学:基礎から臨床」神経科学:基礎から臨床

毎年ご好評をいただいておりますWakoワークショップを本年も開催いたします。
今回は「神経科学:基礎から臨床」をテーマに、第一線で活躍されている研究者の方々にご講演いただきます。
多数のご参加を心よりお待ちしております。

開催要項

日時
2018年11月14日(水) 10:00~17:00(予定)[開催終了]
会場
秋葉原コンベンションホール[アクセス方法はこちら]
〒101-0021 東京都千代田区外神田1丁目18−13 秋葉原ダイビル 2F
定員
250名(先着順)
参加費
無料(事前登録制)
申込方法
応募フォーム[終了しました]

プログラム

オーガナイザー
順天堂大学大学院医学研究科 神経疾患病態構造学
特任教授 内山 安男
演者
東京大学大学院医学系研究科 神経細胞生物学
教授 岡部 繁男
東京大学医学部附属病院 精神神経科
科長 笠井 清登
京都大学大学院医学研究科 高次脳科学講座 神経生物学分野
教授 伊佐 正
順天堂大学医学部附属順天堂医院 脳神経内科
教授 服部 信孝
山梨大学大学院総合研究部医学域 生化学講座第一教室
教授 大塚 稔久
順天堂大学医学部 神経生物学・形態学講座
先任准教授 谷田 以誠

詳細

10:00~
開会挨拶
10:05~
はじめに内山 安男
[セクションⅠ]  座長 <内山 安男>
10:10~11:00
脳・神経細胞におけるオートファジーを視る谷田 以誠
11:00~11:50
かたちを見て機能と病態を探る―新しいシナプス形態学を目指して岡部 繁男
11:50~13:00
昼食
13:00~13:50
神経シナプス・アクティブゾーン:分子構造から脳病態の理解へ大塚 稔久
[セクションII]  座長 <岡部 繁男>
13:55~14:45
機能回復を促す脳の働き伊佐 正
14:45~15:05
(コーヒーブレイク)
15:05~15:55
パーキンソン病の発症機序:遺伝性パーキンソン病からヒントを得て服部 信孝
15:55~16:45
精神疾患のリバーストランスレーショナルリサーチ笠井 清登
16:45~
おわりに岡部 繁男
16:55~
閉会挨拶