旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

ラジカル重合開始剤

アゾ重合開始剤

アゾ重合開始剤は、熱および光によって分解し、炭素ラジカルを発生するアゾ基(R-N=N-R')をもつ化合物です。発生した炭素ラジカルは反応性に優れ、各種ビニルモノマーの重合やハロゲン化反応などを進行させます。

特長

  • 誘発分解しないため爆発の危険性がなく、安全に使用可能
  • 用いる溶媒に関係なく一定速度で分解するため様々な溶媒で使用可能
  • 生成した炭素ラジカルは過酸化物と異なり、水素引き抜き反応を起こさないため直鎖ポリマーを生成

アプリケーション

アゾ重合開始剤のラジカルの発生機構(熱分解)

azo_01.png

①ラジカルの発生:熱または光で分解し、窒素ガスと炭素ラジカルを発生します。
 ※分解速度(溶液)は一次反応速度式に従い、開始剤の構造によって異なります。

②開始反応・成長反応:ビニルモノマーと付加重合し、ポリマーを生成します。
 ※ポリマー末端にアゾ重合開始剤の切片が導入されるため、末端基の効果が期待されます。
 一般的なアゾ重合開始剤の開始剤効率は0.5~0.7程度であり、残りは③再結合や④不均化を起こします。

③再結合:重合に関与しなかった炭素ラジカル同士が結合します。

④不均化:重合に関与しなかった炭素ラジカルが別の炭素ラジカルの水素を引き抜きます。

※ その他情報については詳細をご覧ください。

お問い合わせ

  • 0120-052-099
  • 受付時間:平日9:30~12:00、13:00~17:00

    上記時間以外のお問い合わせは、お問い合わせフォームからからお問い合わせください。
  • お問い合わせ