旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

ポリマー固定化金属触媒

FibreCat®(ファイバーキャット®)

繊維状にグラフト重合したポリエチレン樹脂を担体とした、配位子が組み込まれた固定化貴金属触媒です。
ファイバー状になっているため、官能基が基質と接触し易い状態になっています。
また一般の固定化触媒と同様に、触媒の回収が容易であり、繰返し使用が可能です。
その他、下記のような特長を持つ優れた固定化触媒です。 (FibreCat®はJohnson Matthey社の登録商標です。)

特長

  • ろ過が容易:ほとんどの溶媒に不溶なため、分離ろ過が容易
  • 安全性が高い:非発火性の不均一触媒として取扱い可能
  • 物理強度が高い:攪拌反応でも微粒子を発生せず、取扱いが容易
  • 溶媒の適合性が広い:水溶液、有機溶媒から非極性炭化水素まで幅広い溶媒で使用可能
  • 温度安定性:標準で120℃、条件によっては150℃まで使用可能
  • 配位子の付加:既に配位子が組み込まれている為、更なる配位子の添加は不要

アプリケーション

1000シリーズ: Pd系触媒(鈴木カップリング反応等に使用できます。)

※ その他情報については詳細をご覧ください。

お問い合わせ

  • 0120-052-099
  • 受付時間:平日9:30~12:00、13:00~17:00

    上記時間以外のお問い合わせは、お問い合わせフォームからからお問い合わせください。
  • お問い合わせ