旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

鈴木-宮浦カップリング反応

重水素化ボロン酸

古くから薬物動態に利用されてきた重水素化合物は、分析機器の発達に伴い微量定量分析の内部標準物質として、また近年は有機ELや光ファイバーなどの電子工業材料としても利用されています。最近では、ヘビードラッグ(重水素化された医薬品)が、元の医薬品と比較し生体内での代謝分解作用に対する抵抗性を示すことから、薬効を持続させる可能性があるとして、新薬開発の分野での用途が注目されています。

当社では、鈴木-宮浦カップリング反応に利用できる重水素化ボロン酸化合物を取揃えています。

サービス

当社では、特色ある合成の一つとして重水素化率の高い化合物を簡便に合成する重水素交換反応を開発しました。お手元の化合物の水素を重水素に交換する受託を、少量から大量(~kgオーダ-)まで安価に提供しております。

【特別講座】広がる重水素の用途(東京大学 佐藤健太郎 特任助教)(310KB/2p)

お問い合わせ

  • 0120-052-099
  • 受付時間:平日9:30~12:00、13:00~17:00

    上記時間以外のお問い合わせは、お問い合わせフォームからからお問い合わせください。
  • お問い合わせ