旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

有機合成用 縮合剤 大入り包装

HATU / HBTU

アミドやエステル結合を構築するための最も一般的な方法は、カルボン酸の活性化を伴う脱水縮合反応です。これまでにさまざまな縮合剤の報告がありますが、反応剤によっては副生成物の除去や、ラセミ化などの問題点が知られています。
ラセミ化の問題を抑制する添加剤としてHOAt、HOBtが知られています。それらを分子内に含むHATU、HBTUは、DCCなどに比べてラセミ化を抑制できます。

お問い合わせ

  • 0120-052-099
  • 受付時間:平日9:30~12:00、13:00~17:00

    上記時間以外のお問い合わせは、お問い合わせフォームからからお問い合わせください。
  • お問い合わせ