旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

siyaku blog

ー 研究の最前線、テクニカルレポート、
実験のコツなどを幅広く紹介します。 ー

2018年1月のアーカイブ

【連載】核酸医薬合成基礎講座 「第1回 オリゴヌクレオチド合成」

本記事は、和光純薬時報 Vol.86 No.1(2018年1月号)において、サイエンスライター 佐藤 健太郎 様に執筆いただいたものです。

タンパク質・核酸・糖鎖の 3 つは、生体において重要な役割を担う高分子としてよく知られる。タンパク質は 20 種のアミノ酸、核酸は 4 種のヌクレオチド、糖鎖は数種の糖が連結したものであり、その組み合わせと配列が機能を決定する。従って、望みの配列の生体高分子を作り出す手法は、生化学にとって鍵というべき技術であり、古くから多くの努力がなされてきた。結果、現在ではそれぞれ多くの知見が蓄積されており、複...

【連載】ScreenFect™通信 「Vol.4 HeLa 細胞への plasmid DNA 導入データ」 

ScreenFect™A plus を用いた HeLa 細胞への plasmid DNA 導入実績及びリバーストランスフェクションプロトコールをご紹介します。...
関連タグ

【連載】The Gateway to qNMR ~定量NMRへの扉~ 「第 3 話 測定例のご紹介」

本記事は、和光純薬時報 Vol.86 No.1(2018年1月号)において、和光純薬工業株式会社 試薬化成品研究所 三浦 亨が執筆したものです。

本シリーズも今回で無事に第3話を迎えることができました。第1話では「qNMR 高精度化のはじまり」を、第2話では「qNMR で精確な測定をするために」をご紹介しましたが、今回は、日本薬局方に収載されている生薬「ペオノール、定量用」のqNMR 純度規定(Fig. 1)に従った実際の測定例をご紹介させて頂きます。 なお、日本薬局方では、分子量 300 程度の測定対象化合物の場合、使用機器間誤差を含めて...
関連タグ

【連載】なるほど !! ELISA -基礎とコツ- 「第4回 ELISA の操作法とそのポイント(後編)」

本記事は、和光純薬時報 Vol.86 No.1(2018年1月号)において、若林克己著「ELISA A to Z」をもとに株式会社シバヤギで編集し掲載いただいたものです。

市販キットを使用した場合の一般的な ELISA 操作法のポイントをご紹介します。キットメーカーにより推奨方法が異なります。実際には使用キットの取扱説明書に従って操作して下さい。...
関連タグ

キーワード検索

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

2018年
07月 04月 01月
2017年
12月 10月 09月 07月 04月 03月 01月
2016年
12月 11月 10月 09月 07月 06月 04月 03月 01月
2015年
12月 11月 10月 09月 07月 05月 04月 03月 01月
2014年
12月 10月 06月 05月 01月
2013年
12月 09月 07月 06月 04月 01月
2012年
09月 07月 04月 03月
2011年
10月 02月
2010年
10月 09月 04月 01月
2008年
03月
2006年
10月 07月 04月 01月
2005年
10月 07月 04月 01月
2004年
07月 04月 01月
2003年
10月 07月 04月 01月
2002年
10月 07月 04月 01月
2001年
10月 07月 04月 01月
2000年
10月 07月 04月 01月
1999年
10月 07月 04月 01月
1998年
10月 07月 04月 01月
1997年
10月 07月 04月 01月
1996年
10月 07月 04月 01月
1995年
10月 07月 04月 01月
1994年
10月 07月 04月 01月
1993年
10月 07月 04月 01月
1992年
10月 07月 04月 01月
1991年
10月 08月 03月
1990年
12月 10月 07月

タグクラウド

当サイトの文章・画像等の無断転載・複製等を禁止します。