旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

siyaku blog

ー 研究の最前線、テクニカルレポート、
実験のコツなどを幅広く紹介します。 ー

1992年4月のアーカイブ

【テクニカルレポート】Wakosil-II 5C18HG による尿中δ-アミノレブリン酸の測定

本記事は、和光純薬時報 Vol.60 No.2(1992年4月号)において、和光純薬工業 大阪研究所 上森 仁志が執筆したものです。

鉛は金属としての優れた特性から、あらゆる産業分野で幅広く利用されています。しかし鉛の暴露は人体にさまざまな悪影響を与えたことから、鉛を取扱う業務に従事する作業者の特殊健康診断が実施されており、この診断方法のひとつとして尿中に排泄されるδ-アミノレブリン酸の測定が広く行われています。 δ-アミノレブリン酸(ALA)は、ヘム生合成過程の前駆体として、δ-アミノレブリン酸合成酵素(ALA-S)の作用によ...
関連タグ

【連載】Talking of LAL「第7話 Maximum Valid Dilution」

本記事は、和光純薬時報 Vol.60 No.2(1992年4月号)において、和光純薬工業 土谷 正和が執筆したものです。

リムルステストを用いて薬剤等のエンドトキシン量を測定する場合、通常、試料の影響のない状態で測定を行います。試料が測定に与える影響を除去するために最もよく用いられる方法は「希釈」でしょう。希釈を限りなく行えば試料の影響はなくなっていきますが、試料から検出できる最小エンドトキシン量は希釈と共に大きくなっていきます。 ここである薬剤のエンドトキシン試験を行う場合を考えますと、薬剤が定められたエンドトキシ...
関連タグ

キーワード検索

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

2018年
07月 04月 01月
2017年
12月 10月 09月 07月 04月 03月 01月
2016年
12月 11月 10月 09月 07月 06月 04月 03月 01月
2015年
12月 11月 10月 09月 07月 05月 04月 03月 01月
2014年
12月 10月 06月 05月 01月
2013年
12月 09月 07月 06月 04月 01月
2012年
09月 07月 04月 03月
2011年
10月 02月
2010年
10月 09月 04月 01月
2008年
03月
2006年
10月 07月 04月 01月
2005年
10月 07月 04月 01月
2004年
07月 04月 01月
2003年
10月 07月 04月 01月
2002年
10月 07月 04月 01月
2001年
10月 07月 04月 01月
2000年
10月 07月 04月 01月
1999年
10月 07月 04月 01月
1998年
10月 07月 04月 01月
1997年
10月 07月 04月 01月
1996年
10月 07月 04月 01月
1995年
10月 07月 04月 01月
1994年
10月 07月 04月 01月
1993年
10月 07月 04月 01月
1992年
10月 07月 04月 01月
1991年
10月 08月 03月
1990年
12月 10月 07月

タグクラウド

当サイトの文章・画像等の無断転載・複製等を禁止します。