旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

siyaku blog

ー 研究の最前線、テクニカルレポート、
実験のコツなどを幅広く紹介します。 ー

1991年8月のアーカイブ

【連載】Talking of LAL「第4話 リムルステストの種類」

本記事は、和光純薬時報 Vol.59 No.2(1991年8月号)において、和光純薬工業 土谷 正和が執筆したものです。

リムルステストの手法として報告されているものは数多くありますが、現在実際に広く用いられている方法は、  (1)ゲル化転倒法1,2)  (2)比濁時間分析法3,4,5)  (3)合成基質法6,7) の 3 法と思われます。 ゲル化転倒法は、10 × 75 mm の試験管中で LAL と試料を混合し、37℃、60 分間反応させた後、これを 180℃転倒させ、ゲルの形成の有無を判定する方法です。半定量的...

キーワード検索

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

2017年
10月 07月 04月 01月
2016年
11月 10月 09月 07月 06月 04月 03月 01月
2015年
12月 10月 07月 05月 04月 03月 01月
2014年
12月 10月 06月 05月 04月 01月
2013年
09月 07月 06月 04月 01月
2012年
09月
1992年
04月 01月
1991年
10月 08月 03月
1990年
12月 10月 07月

タグクラウド

当サイトの文章・画像等の無断転載・複製等を禁止します。