旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

siyaku blog

ー 研究の最前線、テクニカルレポート、
実験のコツなどを幅広く紹介します。 ー

【テクニカルレポート】Wakosil-II 5C18HG による食品添加物の分析

本記事は、和光純薬時報 Vol.60 No.3(1992年7月号)において、和光純薬工業 大阪研究所 上森 仁志が執筆したものです。

近年、輸入食品の増大、インスタント食品などの氾濫から、それらに含まれる食品添加物の種類の特定と使用量の測定が、ますます重大な課題となっています。これら食品添加物の種類と使用基準あるいは残留基準値が食品衛生法により規定されていますが、精度良く多成分の同時分析が可能であるという特徴を持つ高速液体クロマトグラフィー法が、平成 3 年度より保存料(安息香酸、ソルビン酸、デヒドロ酢酸およびパラオキシ安息香酸エステル類)、酸化防止剤などの試験方法に採用になりました。

そこでこの衛生試験法に最適となる充てん剤の検討を行った結果、金属イオンとキレート形成能を有する着色料の分析デヒドロ酢酸をシャープなピークとして検出でき、しかも理論段数が高く、短時間分析が可能な高純度シリカタイプ:Wakosil-II 5C18HG 充てん剤が最適となりました。

以下、Wakosil-II 5C18HG, 4.6 x 150 mm カラムを用いた場合の食品添加物中の保存料、酸化防止剤、着色料の分析例を示しました。

jiho_60-3_tech_01.png

関連タグ

キーワード検索

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

2018年
07月 04月 01月
2017年
12月 10月 09月 07月 04月 03月 01月
2016年
12月 11月 10月 09月 07月 06月 04月 03月 01月
2015年
12月 11月 10月 09月 07月 05月 04月 03月 01月
2014年
12月 10月 06月 05月 01月
2013年
12月 09月 07月 06月 04月 01月
2012年
09月 07月 04月 03月
2011年
10月 02月
2010年
10月 09月 04月 01月
2008年
03月
2006年
10月 07月 04月 01月
2005年
10月 07月 04月 01月
2004年
07月 04月 01月
2003年
10月 07月 04月 01月
2002年
10月 07月 04月 01月
2001年
10月 07月 04月 01月
2000年
10月 07月 04月 01月
1999年
10月 07月 04月 01月
1998年
10月 07月 04月 01月
1997年
10月 07月 04月 01月
1996年
10月 07月 04月 01月
1995年
10月 07月 04月 01月
1994年
10月 07月 04月 01月
1993年
10月 07月 04月 01月
1992年
10月 07月 04月 01月
1991年
10月 08月 03月
1990年
12月 10月 07月

タグクラウド

当サイトの文章・画像等の無断転載・複製等を禁止します。