旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

siyaku blog

ー 研究の最前線、テクニカルレポート、
実験のコツなどを幅広く紹介します。 ー

【テクニカルレポート】合成オリゴヌクレオチド精製用「Wakosil DNA カラム」について

本記事は、和光純薬時報 Vol.67 No.1(1999年1月号)において、和光純薬工業 大阪研究所 上森 仁志が執筆したものです。

合成オリゴヌクレオチドは、プローブとして遺伝子のクローニングや特定遺伝子の検出に、プライマーとして、シークエンスや PCR に広く利用されている。オリゴヌクレオチドの分離精製法としては、ゲル電気泳動法、イオン交換クロマト法、ゲルろ過法、逆相クロマト法が利用されているが、クロマト法は操作性に優れ、特に脱塩操作が不要な逆相クロマト法は利用度が高いと考えられる。

このクロマト法も、目的とする精製純度により、カートリッジカラムを利用した簡易精製法と HPLC による高純度精製法に大別される。筆者らのグループでも、合成オリゴヌクレオチドの純度検定や分離精製に活用できる専用カラムとして Wakosil DNA カラムを開発した。本カラムは、100 mer 程度までの合成オリゴヌクレオチドの精製に利用でき、同一塩基のオリゴマーなら 50 mer 程度まで一塩基づつの認識が可能である。

図 1. に oligo dA mixture の分離例を示した。

jiho_67-1_tech_01.png

また実施例として、合成 FITC-蛍光標識プライマー(22 mer:100 O.D260 units/mL)の分離精製と純度確認に応用した場合のクロマトグラムを図 2. に示した。

jiho_67-1_tech_02.png

以上、Wakosil DNA カラムは、合成オリゴヌクレオチドの純度検定から分離精製までを 1 本の分析用カラムで短時間に達成でき、しかも 20 ~ 40 O.D / 回の精製が可能などの利点があり有用性が高いものと考えている。

関連タグ

キーワード検索

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

2018年
07月 04月 01月
2017年
12月 10月 09月 07月 04月 03月 01月
2016年
12月 11月 10月 09月 07月 06月 04月 03月 01月
2015年
12月 11月 10月 09月 07月 05月 04月 03月 01月
2014年
12月 10月 06月 05月 01月
2013年
12月 09月 07月 06月 04月 01月
2012年
09月 07月 04月 03月
2011年
10月 02月
2010年
10月 09月 04月 01月
2008年
03月
2006年
10月 07月 04月 01月
2005年
10月 07月 04月 01月
2004年
07月 04月 01月
2003年
10月 07月 04月 01月
2002年
10月 07月 04月 01月
2001年
10月 07月 04月 01月
2000年
10月 07月 04月 01月
1999年
10月 07月 04月 01月
1998年
10月 07月 04月 01月
1997年
10月 07月 04月 01月
1996年
10月 07月 04月 01月
1995年
10月 07月 04月 01月
1994年
10月 07月 04月 01月
1993年
10月 07月 04月 01月
1992年
10月 07月 04月 01月
1991年
10月 08月 03月
1990年
12月 10月 07月

タグクラウド

当サイトの文章・画像等の無断転載・複製等を禁止します。