旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

siyaku blog

ー 研究の最前線、テクニカルレポート、
実験のコツなどを幅広く紹介します。 ー

【テクニカルレポート】新しい免疫沈降実験ツールの紹介

本記事は、和光純薬時報 Vol.79 No.1(2011年2月号)において、和光純薬工業株式会社 ゲノム研究所 西部 隆宏、吉居 華子が執筆したものです。

はじめに

免疫沈降法は、ビーズに固定化した抗体が抗原(目的のタンパク質)と反応し沈殿することを利用した抗原の分離・精製法です。この方法は単に抗原タンパク質を精製するためだけの方法ではなく、抗原タンパク質と相互作用するタンパク質や核酸などを共沈させることができるため、タンパク質間相互作用の同定、クロマチン免疫沈降(Chromatin Imuunoprecipitaion : ChIP)、RNA 免疫沈降(RNA Immunoprecipitaion : RIP)などの実験に応用されており、プロテオミクス、エピジェネティクス、non-coding RNA 研究など幅広い研究分野で重要な技術となっています。この度、当社では免疫沈降法に適した抗体固定化ビーズを簡便に作製することができる Antibody Immobilization Kit IP を開発しましたのでご紹介します。

Antibody Immobilization Kit IP の特長

免疫沈降法で使用するビーズには一般的に多孔性アガロースやセファロースまたは磁性体などが用いられていますが、本キットではシリカビーズの表面に特殊ポリマーをコーティングした非特異吸着性の低い新しいタイプのビーズを採用しています。粒子径が 1~8µm と小さく、アガロースやセファロースに比べ高密度であることから、遠心分離後のビーズがチューブの底にしっかりと吸着し、上清の除去をデカンテーションにより行うことが可能です。

jiho_79-1_menchin_01.pngまた抗体のビーズへの固定化法は一般的に Protein A や Protein G などを介してアフィニティー結合により固定化する方法とビーズ表面の官能基と抗体のアミノ基をカップリングさせ化学結合により固定化する方法が用いられていますが、本キットでは化学結合による固定化法を採用しています。ビーズ表面の PNP(p-ニトロフェニルオキシカルボニル)基と抗体のアミノ基が反応することで抗体をビーズに固定化することができます(図 1)。化学結合による固定化法はアフィニティー結合による固定化法に比べ操作ステップが多く時間も要するのですが、固定化した抗体が剥がれにくい、抗体の動物種やサブクラスによる固定化効率への影響を受けにくい、抗体以外のタンパク質も固定化可能などの利点を有しています。

本キットにはビーズに抗体を化学結合させるために必要な試薬がすべてセットされており、簡便に抗体固定化ビーズを作製することができます。

抗体固定化ビーズの免疫沈降能

jiho_79-1_menchin_02.png本キットでは抗体を固定化した後の洗浄条件として、中性 buffer のみで洗浄するプロトコール 1 と、中性 buffer と酸性 buffer で交互に洗浄するプロトコール 2 を設定しています。ビーズから剥がれた抗体が免疫沈降溶出液中に混入するのを改善したい場合にはプロトコール 2 が有効です。

この 2 通りのプロトコールで抗ヒト血清アルブミン(HSA)モノクローナル抗体を固定化したビーズを用いて、HeLa 細胞ライセート(1 × 106 cells 由来)に抗原の HSA を添加した溶液からの添加抗原の回収実験を行いました。その結果、どちらを用いても、HeLa 細胞由来の非特異吸着タンパク質の混入は少なく、添加した HSA が高純度に回収できることが示されました(図 2)。

また、プロトコール 2 により作製したビーズを用いた場合、免疫沈降溶出液中にビーズから剥がれた抗体の混入が抑えられていることが示されました(図 2)。

RNA 免疫沈降法への応用

jiho_79-1_menchin_03.png次に、キットにより作製した抗体固定化ビーズを RNA 免疫沈降法に応用した例をご紹介します。当社では本キットで用いているシリカビーズに抗 Argonaute 抗体を固定化したビーズを使用して、RNA 免疫沈降法により Argonaute タンパク質に結合した microRNA を取得できる microRNA Isolation Kit シリーズを販売しております。

その中の 1 つで抗ヒト Ago2 抗体を固定化したビーズを用いている microRNA Isolation Kit, human Ago2 により、ヒト細胞株の細胞ライセートから Ago2 に結合した microRNA を精製しました。その結果、さまざまなヒト細胞株からの高純度の microRNA が取得できることが示されています(図 3)。


抗体以外のタンパク質の固定化

最後に、抗体以外のタンパク質をビーズに固定化する 1 例として、Protein G タンパク質をビーズに固定化し、そのビーズを用いて溶液中の抗体回収能を評価しました。その結果、Protein G 固定化ビーズの量に依存して、溶液中のマウス IgG を回収できることが示され、抗体以外のタンパク質をビーズに固定化したアフィニティー実験にも本キットを用いることができることが示されました(図 4)。

jiho_79-1_menchin_04.png

おわりに

以上のように Antibody Immobilization Kit IP により作製した抗体固定化ビーズは免疫沈降をベースとしたさまざまな実験に応用することができ、また、抗体以外のタンパク質のアフィニティー実験にも利用することができます。ぜひ皆様のご研究にお役立て頂ければと考えます。

関連製品

抗体固定化キット IP

本キットは、抗体をはじめとするタンパク質をビーズ担体に固定化する試薬キットです。本キットのビーズは microRNA Isolation Kit シリーズに使用しており、RIP Assay で多くの使用実績があります。

コードNo. 品名 容量 希望納入価格(円)
290-69301 Antibody Immobilization Kit IP 1 キット 50,000

キーワード検索

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

2018年
04月 01月
2017年
12月 10月 07月 04月 03月 01月
2016年
12月 11月 10月 09月 07月 06月 04月 03月 01月
2015年
12月 11月 10月 09月 07月 05月 04月 03月 01月
2014年
12月 10月 06月 05月 01月
2013年
12月 09月 07月 06月 04月 01月
2012年
09月 07月 04月 03月
2011年
10月 02月
2010年
10月 04月
2006年
07月 04月 01月
2005年
10月 07月 04月 01月
2004年
10月 07月 04月 01月
2003年
10月 07月 04月 01月
2002年
10月 07月 04月 01月
2001年
10月 07月 04月 01月
2000年
10月 07月 04月 01月
1999年
10月 07月 04月 01月
1998年
10月 07月 04月 01月
1997年
10月 07月 04月 01月
1996年
10月 07月 04月 01月
1995年
10月 07月 04月 01月
1994年
10月 07月 04月 01月
1993年
10月 07月 04月 01月
1992年
10月 07月 04月 01月
1991年
10月 08月 03月
1990年
12月 10月 07月

タグクラウド

当サイトの文章・画像等の無断転載・複製等を禁止します。