旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

siyaku blog

ー 研究の最前線、テクニカルレポート、
実験のコツなどを幅広く紹介します。 ー

【連載】Talking of LAL「第11話 β-グルカン(1)」

本記事は、和光純薬時報 Vol.61 No.2(1993年4月号)において、和光純薬工業 土谷 正和が執筆したものです。

第11話 β-グルカン(1)

LAL がエンドトキシンのみならず(1→3)-β-D-グルカンにも反応し、ゲル化することは既にお話した通りです。この現象は、日本の 2 つのグループによって 1981 年に発表されました。すなわち、武田薬品の垣沼博士のグループは、1~1000 ng/mL のカルボキシメチル化したカードラン(Agrobacterium の生産する直鎖(1→3)-β-D-グルカン)がリムルス試薬(LAL)のゲル化や proclotting enzyme の活性化を引き起こすことを1)、また、九州大学の岩永教授のグループは、(1→3)-β-D-グルカンによって活性化されるゲル化機構が LAL 中に存在することを2)、それぞれ報告しました。

同じ年に米国の Woods Hole で開かれた "International Conference on Endotoxin Standards and Limulus Amebocyte Lysate Use With Parenteral Drugs" では、セルロース系の膜を使用した血液透析器から溶出する、発熱性を持たない LAL 反応物質(LAL-RM)について、2 題が発表されています3,4)。彼らは、LAL のメーカーによって LAL-RM の反応性が変わることも報告しております。

しかし、このアメリカの 2 つのグループによる発表に対して、欧米の科学者達は「LAL に反応する物質がエンドトキシンである」という考えから抜け出せず、β-グルカンが LAL を活性化するということには全く思いもよらなかったようです。

今日では、β-グルカンによる LAL の活性化反応は広く認められるようになっており、米国の FDA も 1992 年 5 月に発行した Memorandum5) で、グルカンや LAL-RM が LAL に反応することを認めております。ただし、FDA は「医薬品にはこれらの物質の混入が少なく、医療用具のように混入の報告されているものでも、試験結果が偽陽性となる程度と考えられるため、実際の問題ではない」と考えているようです。(問題があればケース・バイ・ケースで考えるようですが・・・。)

LAL に反応する代表的なグルカンとしては、カードランや LAL-RM のほか、ザイモサン、レンチナン等の真菌が産生するもの、ラミナリン等の藻類の貯蔵多糖があります。また、セルロース系のメンブレンフィルターの中にも LAL-RM と同様の物質を溶出するものがあります。

筆者らは、注射用医薬品やその原料(例えば、各種アミノ酸や血液製剤)の中にグルカンを含んだものがあることを経験しており6)、リムルステストによる正しい結果を期待するのであれば、この点にも注意するべきでしょう。

さて、β-グルカンと LAL の反応性は製品によって異なります。前述の LAL-RM 研究者たちが指摘したように、LAL-RM は、Associates of Cape Cod 社製の LAL にはよく反応しますが、Whittaker 社(以前は Mallinckrodt 社)製の LAL にはほとんど反応しません。

その他、プレゲル-M(帝國臓器製造、生化学工業販売)、パイロセート(Haemachem 社製造、ミドリ十字販売)や弊社のリムルス HS-J 及び HS-F テストワコー(Endosafe 社製造)なども、その程度は異なりますが、β-グルカンに反応します。

また、合成基質法ではトキシカラー(生化学工業製造販売)はβ-グルカンに反応しますが、CQL1000(Whittaker 社製造、第一化学販売)はその反応性が低いようです。

次回は、β-グルカンと LAL の反応について、さらに深く考えてみましょう。

参考文献

1) Kakinuma, A. et al. : Biochem. Biophys. Res. Commun., 101, 434 (1981).
2) Morita, T. et al. : FEBS Lett., 129, 318 (1981).
3) Carson, L. A. and Peterson, N. J. : "Endotoxins and Their Detection with the Limulus Amebocyte Lysate Test," ed. by Watson, S. et al., Alan R. Liss. Inc., New York, p.217 (1982).
4) Pearson, F. C. et al, : "Endotoxins and Their Detection with the Limulus Amebocyte Lysate Test," ed. by Watson, S. et al., Alan R. Liss. Inc., New York, p.247 (1982).
5) Statement Concerning Glucans and LAL-Reactive Material in Pharmaceuticals and Medical Devices, Food and Drug Adm. (1992).
6) 土谷正和:防菌防黴, 18, 287 (1990).

第12話 β-グルカン(2)

第10話 薬剤の影響(3)

関連タグ

キーワード検索

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

2018年
04月 01月
2017年
12月 10月 07月 04月 03月 01月
2016年
12月 11月 10月 09月 07月 06月 04月 03月 01月
2015年
12月 11月 10月 09月 07月 05月 04月 03月 01月
2014年
12月 10月 06月 05月 01月
2013年
12月 09月 07月 06月 04月 01月
2012年
09月 07月 04月 03月
2011年
10月 02月
2010年
10月
2006年
07月 04月 01月
2005年
10月 07月 04月 01月
2004年
10月 07月 04月 01月
2003年
10月 07月 04月 01月
2002年
10月 07月 04月 01月
2001年
10月 07月 04月 01月
2000年
10月 07月 04月 01月
1999年
10月 07月 04月 01月
1998年
10月 07月 04月 01月
1997年
10月 07月 04月 01月
1996年
10月 07月 04月 01月
1995年
10月 07月 04月 01月
1994年
10月 07月 04月 01月
1993年
10月 07月 04月 01月
1992年
10月 07月 04月 01月
1991年
10月 08月 03月
1990年
12月 10月 07月

タグクラウド

当サイトの文章・画像等の無断転載・複製等を禁止します。