旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

siyaku blog

ー 研究の最前線、テクニカルレポート、
実験のコツなどを幅広く紹介します。 ー

【テクニカルレポート】反応性代謝物検出のための Presep® XenoScreen™ 96well Plate を用いた試料前処理について

本記事は、和光純薬時報 Vol.84 No.2(2016年4月号)において、和光純薬工業 試薬化成品研究所 須藤 勇紀が執筆したものです。

drug_650.jpg 医薬品は通常、動物実験や臨床試験を経て有効性と安全性が確認された後に、当局に承認された物質のみが製造・販売されます。臨床試験、上市後に発症する副作用は全副作用の約 80 %を占めますが、それら副作用は薬理作用から予測が可能であり、通常、用量を減量することにより回避することが可能です1)

一方で特異体質性薬物毒性(IDT : Idiosyncratic drug toxicity)と呼ばれ、動物実験や臨床試験では発見されることがほとんどなく、医薬品として上市後に多くの患者に使用されて初めて発現する重篤な副作用があります1)。 IDTの発生についてはいくつかの仮説が提唱されていますがその中でも医薬品の反応性代謝物が大きな要因のひとつであると考えられ、その評価が重要とされています2, 3)

1.トラッピング試験について

トラッピング試験は肝ミクロソームなどの酵素源を医薬品候補化合物とトラッピング試薬共存下でインキュベーションし、生成した反応性代謝物をトラッピング試薬付加体として捕捉し、LC/MSなどにより測定する方法です4, 5)。 一般にトラッピング試薬としてグルタチオン(GSH)がよく使用されます6, 7)。しかし、グルタチオンエチルエステル体(GSHEE)の方が検出感度良く分析できるとの報告もあり8, 9)、さらにグルタチオンエチルエステル安定同位体置換体(GSHEE-d5)を併用することで選択性を向上させることができます4, 10)

今回、トラッピング試験に必要なBuffer類やGSHEEとGSHEE-d5が1つのチューブに小分けされた迅速分析が可能なキットXenoScreen™ GSH-EE に合わせて、試料前処理用プレート Presep® XenoScreen™ 96well Plateの使用例を紹介します。

2.実験方法について

反応性代謝物の発生が既知の薬物クロザピン11)を対象にQ1 Scanモードによる分析を行いました。実験フローを図1に示します。被験薬物溶液は1 mmol/ℓ となるように調液します。前処理では96well plate用の吸引マニホールドを用いて減圧下で処理しました。LC/MS条件を表1に示します。

jiho_tech_84-2_01.png

jiho_tech_84-2_02.png

3.結果

TICクロマトグラムの比較を図2に示します。保持時間 5.2 分付近にブランク溶液と被験薬物溶液とのピークに違いがあることが分かります。

jiho_tech_84-2_03.png

保持時間 5.2 分のMSスペクトルを図3に示します。クロザピンの代謝物 + GSHEE 及び GSHEE-d5の付加体は H 体が m/z : 660、D 体が m/z : 665 で検出されるとの報告11)がありますのでこの結果は一致します。

jiho_tech_84-2_04.png

このようにPresep® XenoScreen™ 96well Plate を利用して反応性代謝物を検出することができます。

次に参考データとして反応性代謝物11)が既知であるアセトアミノフェン、オメプラゾール、ジクロフェナク、チクロピジンをSIMモードで分析しました。薬物4種類のSIMクロマトグラムを図4に示します。 クロザピンと同様に m/z 差 5 の反応性代謝物 + GSHEE 及び GSHEE-d5 の付加体ピークを確認することができました。

jiho_tech_84-2_05.png

今回の検討結果が反応性代謝物の分析に貢献できれば幸いです。

参考文献

1) 山田久陽 他:日本薬理学雑誌、127(6), 473 (2006).
2) 大江知之:日本薬理学雑誌, 134(6), 338 (2009).
3) Naito, S et al. : J. Toxicol. Sci., 32(4), 329 (2007).
4) 山岡俊和:和光純薬時報, 84(1), 5 (2016).
5) Ramirez-Molina, C. et al. : Rapid Commun. Mass Spectrom., 23(22), 3501 (2009).
6) Yan, Z. et al. : Anal. Chem., 76(23), 6835 (2004).
7) Mutlib, A. et al. : Rapid Commun. Mass Spectrom., 19(23), 3482 (2005).
8) Soglia, J. R. et al. : J. Pharm. Biomed. Anal., 36(1), 105 (2004).
9) Wen, B. et al. : J. Mass Spectrom., 44(1), 90 (2009).
10) Yamaoka, T. et al. : J. Pharmacol. Toxicol. Methods, 76, 83 (2015).
11) 山岡俊知:特願 2011-113846, 国際公開番号 WO2012/160798.
関連タグ

キーワード検索

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

2018年
07月 04月 01月
2017年
12月 10月 09月 07月 04月 03月 01月
2016年
12月 11月 10月 09月 07月 06月 04月 03月 01月
2015年
12月 11月 10月 09月 07月 05月 04月 03月 01月
2014年
12月 10月 06月 05月 01月
2013年
12月 09月 07月 06月 04月 01月
2012年
09月 07月 04月 03月
2011年
10月 02月
2010年
10月 09月 04月 01月
2008年
03月
2006年
10月 07月 04月 01月
2005年
10月 07月 04月 01月
2004年
07月 04月 01月
2003年
10月 07月 04月 01月
2002年
10月 07月 04月 01月
2001年
10月 07月 04月 01月
2000年
10月 07月 04月 01月
1999年
10月 07月 04月 01月
1998年
10月 07月 04月 01月
1997年
10月 07月 04月 01月
1996年
10月 07月 04月 01月
1995年
10月 07月 04月 01月
1994年
10月 07月 04月 01月
1993年
10月 07月 04月 01月
1992年
10月 07月 04月 01月
1991年
10月 08月 03月
1990年
12月 10月 07月

タグクラウド

当サイトの文章・画像等の無断転載・複製等を禁止します。