旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

お問合せQ & A

QA番号:1031

Qリスクアセスメントについて

A

労働安全衛生法により、一定の危険性・有害性が確認されている化学物質について、事業場におけるリスクアセスメントが義務づけられています。

  • リスクアセスメントとは
    化学物質やその製剤の持つ危険性や有害性を特定し、それによる労働者への危険または健康障害を生じるおそれの程度を見積り、リスクの低減対策を検討することを言います。
    対象物に当たらない場合でも、リスクアセスメントを行うよう努める事が求められております。

【参考】
厚生労働省HP
対象の化学物質はこちらで公開されています。
化学物質のリスクアセスメント実施支援ツール

当社では、試薬検索サイト Siyaku.comにて以下のように表記しております。

①適用法令危険有害性 有害物表示対象物質 : 労働安全衛生法第57条(表示対象物)
労57-2 : 労働安全衛生法第57条の2(通知対象物) →リスクアセスメント実施義務対象物を含みます。
②その他の情報 SDSをクリックすると最新のSDSが入手できます。

risk01.png

※リスクアセスメントの対応について、薬品管理システムにてリスクの評価等の機能が付いたものをご用意できます。
詳細につきましては、当社営業担当または販売代理店までお問合せください。