旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

qNMRセミナーqNMR Seminar

qNMR Seminer 2018 in TokyoqNMR Seminar 2018 in Tokyo

開催趣旨

qNMRサミットは、NMRによる定量分析技術の向上と幅広い分野への応用を目指し設立されました。
2016年10月にアメリカのロックビルで第一回、2017年3月にベルリンで第二回が開催され、今回で三回目を迎えます。第三回qNMRサミットは2018年1月に東京で開催いたします。

和光純薬工業と日本電子は、qNMRのISO規格化を目指す目的から、経済産業省の新市場創造型標準化制度「JSA標準化支援スキーム」を活用し、「定量核磁気共鳴(qNMR)分析法に関する標準化」としてJIS通則(案)の作成の一端を担い規格化の提案をしており、今回の第三回qNMRサミットの中でqNMRのISO化の状況を講演させていただく予定となっております。
また、食品分野および医薬品分野のqNMRの規格化、活用事例をテーマに、USP、EDQM、BIPMをはじめ世界各国から第一線で活躍されている専門家の方々にご講演いただく予定です。
The United States Pharmacopeial Conventionからも「USP qNMR Symposium」を同時に開催させて頂く予定となっております。

是非、多くの方のご参加をお願い申し上げます。

主催
日本電子株式会社、和光純薬工業株式会社

開催要項

日時
2018年1月29日(月)13:30~17:10 / 30日(火)9:00~19:00
会場
フクラシア丸の内オアゾ
住所:東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビルディング 16階
※東京駅丸の内北口地下通路より徒歩1分
アクセスマップ(GoogleMap)
参加費
無料
定員
International qNMR Forum200人
USP qNMR Symposium in Tokyo250人
International qNMR Symposium250人
※お申込み受付は先着順で定員になり次第締め切らせていただきます。
参加申込み
下記フォームよりお申込みください
お問合せ先
和光純薬工業株式会社 qNMR Summit 2018 in Tokyo 事務局
TEL:03-3270-9130
お問合せはこちら
※講演会はすべて日英の同時通訳がはいります。

スケジュール

1日目(1月29日)

International qNMR Forum【同時通訳】
Working toward ISO - Understanding NMR standards in the world
(ISO化に向けた取り組み:世界のNMRを把握する・標準化に向けた第一歩)

13:30~13:50
開会の挨拶
-qNMRに関するOpening Meetingの概要-
13:50~14:05
Summary of Opening Meeting for qNMR
国立医薬品食品衛生研究所 杉本直樹
-日本におけるNMRの規格-
14:05~14:20
qNMR in Japan's specifications and standards for food additives
国立医薬品食品衛生研究所 杉本直樹
14:20~14:35
Specifications of qNMR in JIS
和光純薬工業株式会社 大福裕子
-中国におけるNMRの規格-
14:35~15:00
Standards of NMR in China (Tentative)
Dr. Lan He, China National Institutes for Food and Drug Control
-計量についてのトピックス-
15:00~15:15
Good weighing practice for accurate qNMR sample preparation
Dr. Klaus Fritsch, Metoller-Toledo GmbH
15:15~15:45
休憩
-アメリカにおけるNMRの規格-
15:45~16:10
Standards of NMR in USA (Tentative):USP, ASTM....
Dr.Gabriel Giancaspro, The United States Pharmacopeial Convention (USP)
-ヨーロッパにおけるNMRの規格-
16:10~16:35
EUROLAB NMR Validation Guideline
Torsten Schöenberger, Bundeskriminalamt (BKA)
-Reference Standardについてのトピックス-
16:35~17:00
Role and Use of Reference Materials to underpin SI-Traceable measurement : A Proposed "Primary Calibrator Suite" for 1H qNMR"
Dr.Steven Westwood, Bureau International des Poids et Mesures Department of Chemistry (BIPM)
17:00~17:10
閉会の挨拶

2日目(1月30日)

USP qNMR Symposium in Tokyo【同時通訳】
NMR and qNMR in Pharmacopeial Context, Compendial NMR and qNMR

9:00~11:30
Tentative
This session will be organized by USP
11:30~
昼食(Buffet)

International qNMR Symposium【同時通訳】
qNMR in pharmaceutical science: Present and Future
(製薬分野におけるqNMR : 現在とこれから)

13:00~13:10
開会挨拶
-各国の薬局方について-
13:10~13:40
Introduction and Implementation of qNMR in the Japanese Pharmacopoeia
国立医薬品食品衛生研究所 合田幸広
13:40~14:10
The use of qNMR as orthogonal method for the establishment of Ph. Eur. reference standards
Dr.Matthias Weber, European Directorate for the Quality of Medicines & HealthCare (EDQM)
-実用例のご紹介-
14:10~14:40
Application of qNMR in Drug Discovery
塩野義製薬株式会社 清田浩平
14:40~15:10
Accurate qHNMR of Controlled Substances in Mixtures
Dr. Charlotte Corbett, US Drug Enforcement Administration (DEA)
15:10~15:40
休憩
-qNMRデータ分析についての新しいアプロ-チ-
15:40~16:40
A quantum mechanical approach to qNMR
Matthias Niemitz, NMR Solutions Ltd.
Advances with Quantification in the Time Domain in 1 and 2 Dimensions
Ronald Crouch, JEOL USA, Inc.
Full software automation of NMR Purity Determinations
Dr.Michael Bernstein, Mestrelab Research
-今後のqNMRについて-
16:40~17:30
The Future for qNMR (Tentative)
Dr.Guido F. Pauli, University of Illinois at Chicago
17:30~17:40
閉会挨拶
17:40~19:00
情報交換会

※qNMR summit 2018 in Tokyoは経済産業省 平成29年度『戦略的国際標準化加速事業(政府戦略分野に係わる国際標準開発活動)』の委託事業で実施されます。

CCThe qNMR logo is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 4.0 International License.