旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

ワコーケミカル NMR法の取り組み

■ NMRを利用した定量分析

NMR(Nuclear Magnetic Resonance:核磁気共鳴)は有機化合物の構造解析を行う代表的な分析法として広く利用されています。また、NMRは化合物中の原子核の数の比がピーク面積比に対応する特性を持つため、定量性が確保できる条件で測定することで、化合物の純度を調べることも可能です。

1H NMR による純度測定では、測定対象の化合物と純度が既知の基準物質(内標準物質)をそれぞれ精密に混ぜ合わせ、重水素溶媒に溶解した溶液で 1H NMR 測定を行います。得られたスペクトル上に観測される測定対象と内標準物質の化合物に由来するピーク面積、プロトン数、調製質量および分子量の関係から、式1により定量値を算出することができます。

002021_001.png

1H NMR による定量分析(定量 NMR)では、スペクトル上に観測される水素原子のピーク面積を定量的に比較可能なため、測定対象の化合物とシグナルが重ならない限り、一つの基準物質で、水素を含む多くの化合物の純度や含量の評価が可能です。 (定量NMRについての詳細はこちらをご参照ください)

ワコーケミカルでは本法を採用し、GC、HPLCなどの品質保証から順次切り替えを進めております。(一部の製品は従来通りの品質保証です)

特長

  • 定性、定量として多くの情報が得られる
  • 無機物や、残留溶媒が含まれていると含量が下がるため、真の値に近い

NMRを利用した品質保証例

■ Ethyl Isothiocyanatoformate (CAS: 16182-04-0)



【測定条件】

  • 重溶媒:重クロロホルム
  • 内部標準:ジメチルスルホン(DMS)
  • ロット:APG7875 355-40262(25g)
■ 3-Acetylthiophene (CAS: 1468-83-3)



【測定条件】

  • 重溶媒:重クロロホルム
  • 内部標準:ジメチルスルホン(DMS)
  • ロット:ECG3741 354-40891(5g)

※ 該当ロット番号のNMRデータになります。最新の規格、品質保証については、当社検索サイトsiyaku.comでご確認ください。

インフォメーション

2018年11月1日から3000品目以上を一層お求め安い価格になりました。ぜひ一度ご覧ください。

値下げ品目一覧

  • ・掲載内容は、2018年11月時点での情報です。法律および最新情報は、コードNo.をクリックいただきご確認いただけます。
  • ・掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • ・表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • ・表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は、本ページ一覧表中のコードNo.をクリックいただくか、siyaku.com(http://www.siyaku.com/)をご参照下さい。

お問合せについて

お問合せ等につきましては、 以下「お問合せ窓口」 からお問合せください。
また、お客様から寄せられた「よくある質問」を掲載しています。お問合せの前に一度ご確認ください。