旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

ニトロキシルラジカル酸化剤

Nitroxylradical Oxidation

001858-001.png

アルキル置換型ヒドロキシルアミンは空気下に容易に酸化を受ける。このときアミンα位炭素にプロトンが結合していると脱離してニトロンを生成するが、4置換炭素であったり anti-Bredt 型のためプロトン脱離しにくい構造を取る骨格の場合は、ニトロキシルラジカルとして安定に存在しうる。これらはアルコールをカルボニルへと変換する穏和な酸化触媒として応用できる。

かねてよりTEMPOが酸化触媒として広く活用されてきたが、活性中心周りの立体障害を小さくしたAZADOシリーズが高活性酸化触媒になることが岩渕らによって示され、より広汎な基質へと応用可能になった。TEMPO酸化については別項を参照されたい。

また近年では銅もしくは鉄触媒との組み合わせによって高化学選択的な酸素酸化が行えることが示されている。こちらも別項を参照されたい。

本記事はWEBに混在する化学情報をまとめ、それを整理、提供する化学ポータルサイト「Chem-Station」の協力のもと、ご提供しています。

Chem-Stationについて

反応機構

触媒サイクルの基本的な考え方はTEMPO酸化を参照。

各々のニトロキシルラジカルは、構造および置換基の違いによって酸化還元電位を大きく変える事ができる。このため構造チューニングによって酸化活性を調節することが可能となる。(参考:Tetrahedron Lett., 53, 2070 (2012).)

001858-002.png

(画像:ACS Catal., 3, 2612 (2013). より引用)

反応例

立体的に混み合ったアルコールの酸化 1)

001858-003.png


亜塩素酸を共酸化剤として用いることでカルボン酸まで一段階で酸化可能 2)

001858-004.gif


NOx共存下に酸素酸化を行うことも可能 3)

001858-005.png


触媒にキラリティを持たせることによって速度論的光学分割酸化が行える 4)

001858-006.jpg


Taiwaniadductsの全合成 6)

001858-008.png


Sphingofungin Eの合成 7):シアノヒドリン経由で酸化することで困難な位置の酸化を達成している。

001858-009.png


(-)-acetylaranotinの合成 8)

001858-010.png

【参考文献】
1) Shibuya, M., Tomizawa, M., Suzuki, I. and Iwabuchi, Y.: J. Am. Chem. Soc., 128, 8412 (2006).
2) Shibuya, M., Sato, T., Tomizawa, M. and Iwabuchi, Y.: Chem. Commun., 1739 (2009).
3) (a) Shibuya, M., Osada, Y., Sasano, Y., Tomizawa, M. and Iwabuchi, Y.: J. Am. Chem. Soc., 133, 6497 (2011). (b) Liu, R., Liang, X., Dong, C. and Hu, X.: J. Am. Chem. Soc., 126, 4112 (2004). (c) Lauber, M. B. and Stahl, S. S.: ACS Catal., 3, 2612 (2013).
4) Murakami, K., Sasano, Y., Tomizawa, M., Shibuya, M., Kwon, E. and Iwabuchi, Y.: J. Am. Chem. Soc., 136, 17591 (2014).
5) Kadoh, Y., Tashiro, M., Oisaki, K. and Kanai, M.: Adv. Synth. Catal., (2015).
6) Deng, J., Zhou, S., Zhang, W.l Li, J., Li, R. and Li, A.: J. Am. Chem. Soc., 136, 8185 (2014).
7) Ikeuchi, K., Hayashi, M., Yamamoto, T., Inai, M., Asakawa, T., Hamashima, Y. and Kan, T.: Eur. J. Org. Chem., 30, 6789 (2013).
8) Fujiwara, H., Kurogi, T., Okaya, S., Okano, K. and Tokuyama, H.: Angew. Chem. Int. Ed., 51, 13062 (2012).

製品一覧

品名容量希望納入価格(円)コードNo.
nor-AZADO 100mg 10,000 012-24981
nor-AZADO 1g 16,000 016-24984
nor-AZADO 5g 65,000 012-24986
DMN-AZADO 100mg 11,000 048-33891
DMN-AZADO 500mg 37,000 044-33893
AZADOL® 100mg 4,600 010-24921
AZADOL® 1g 14,000 016-24923
AZADOL® 5g 48,000 014-24924
keto-ABNO 100mg 8,000 016-25001
keto-ABNO 1g 42,000 012-25003
2,2,6,6-Tetramethyl-1-piperidinyloxy, Radical 5g 6,700 209-19501
2,2,6,6-Tetramethyl-1-piperidinyloxy, Radical 25g 20,000 207-19502
2,2,6,6-Tetramethyl-1-piperidinyloxy, Radical 100g 65,000 205-19503
  • ・掲載内容は、2018年7月時点での情報です。法律および最新情報は、コードNo.をクリックいただきご確認いただけます。
  • ・掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • ・表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • ・表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は、本ページ一覧表中のコードNo.をクリックいただくか、siyaku.com(http://www.siyaku.com/)をご参照下さい。

お問合せについて

お問合せ等につきましては、 以下「お問合せ窓口」 からお問合せください。
また、お客様から寄せられた「よくある質問」を掲載しています。お問合せの前に一度ご確認ください。