旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

固体超強酸

固体超強酸(硫酸化ジルコニア(SO4/ZrO2))

有機合成・化学工業において酸を触媒として利用することが多く、硫酸およびハロゲン化物が多用されます。しかし、これらを触媒に使用した場合、危険性を伴う、装置の腐食性が高い、触媒の分離・回収が困難、廃酸処理が必要など、多くの課題が挙げられます。

硫酸化ジルコニアは、金属酸化物の表面に硫酸イオンを吸着させ、500~600 ℃前後で焼成して得られる金属酸化物超強酸です。固体でありながら硫酸より高い酸強度を示します。反応系中を酸性にすることがなく容易に分離・回収・再利用できる触媒です。超強酸の特長を活かし、エステル化、アシル化、異性化、エーテルの合成、アルキル化、不均化、重合、分解など、様々な酸触媒反応に優れた触媒性能を示します。

超強酸の定義・・・100%硫酸より酸性が強い酸

特長

  • 硫酸より高い強酸度
  • 高温条件下の反応でも使用可能
  • 装置腐食性が低い
  • 廃酸処理が不要

使用上の注意事項

  • 本製品の触媒活性を充分に発揮させるため、使用直前に 400 ℃で 10 分間程度加熱乾燥することをおすすめします。
  • 吸湿性があるため、使用後は湿気を避けて保管ください。

反応例

●アシル化の反応例[a]

001776-001.png


※当社実用試験結果です。硫酸化ジルコニアは使用直前に前処理(400℃で10分間加熱乾燥)を行っています。

●エステル化の反応例[b]

001776-002.png


(1) R1 = methyl, R2 = methyl, ethyl, propyl, butyl
(2) R1 = acryl, R2 = ethyl  
(3) R1 = salicyl, R2 = methyl
(4) R1 = phthal, terephthal, R2 = octyl, 2-ethylhexyl 
(5) R1 = methacryl, R2 = methyl[※1]
(6) R1 = heptyl, R2 = methyl

※1
Methacrylic Acid Conv99%
Methyl Methacrylate Select  > 99%
Reaction Condition : 130℃, LSVH 1h-1,
Methanol/Methacrilic Acid = 3/1(molar ratio)
【参考文献】
[a] Matsuhashi, H. et al. : Appl. Catal. A Gen., 360, 89 (2009).
[b] 荒田一志 : 和光純薬時報, 64, (No.3), 6 (1996).

製品一覧

  • ・掲載内容は、2018年5月時点での情報です。法律および最新情報は、コードNo.をクリックいただきご確認いただけます。
  • ・掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • ・表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • ・表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は、本ページ一覧表中のコードNo.をクリックいただくか、siyaku.com(http://www.siyaku.com/)をご参照下さい。

お問合せについて

お問合せ等につきましては、 以下「お問合せ窓口」 からお問合せください。
また、お客様から寄せられた「よくある質問」を掲載しています。お問合せの前に一度ご確認ください。