旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

ポジティブリスト一斉試験法対応

農薬混合標準液PL-LMⅡ

食安発0226第1号において通知された、「LC/MSによる農薬等の一斉試験法Ⅱ(畜水産物)」に対応した農薬混合標準液です。 (1)および(2)を使用することにより、測定対象成分を測定することができます。

農薬混合標準液PL-LMⅡ(1)(LC/MS)(各20μg/mLアセトニトリル溶液)

■LC/MS/MSによるクロマトグラム(ポジティブモード/MRM)

001745-01.png

【分析例】

装置: LCMS-8040(島津製作所製)
カラム: Wakopak® Ultra C18-3 2.0mm × 150mm
カラム温度: 40℃
溶離液: A) 0.01mol/L酢酸アンモニウム溶液
     B) アセトニトリル
流速: 0.2mL/min.
注入量: 2.0µg/mL, 1µL
検出器: 質量検出器
イオン化法: ESI法


グラジエント条件 MS/MS 条件
時間 (分)B (%)
0 5
10 40
15 40
30 95
35 95
極性ポジティブ
印加電圧(kV) 4.5
霧化ガス流量(L/min) 2.0
乾燥ガス流量(L/min) 15.0
ヒートブロック温度(℃) 300
DL温度(℃) 200
【ご注意】
測定条件、チャート等は参考データであり、農薬混合標準液を保証するデータではありません。

■成分一覧(44種)(各20µg/mL)

Peak No.成分名測定イオンモードPeak No.成分名測定イオンモード
プレカーサープロダクトプレカーサープロダクト
1 Acephate 184 143 + 23 Propachlor 212 170 +
2 Omethoate 214 183 + 24 (E)-Metominostrobin 285 196 +
3 Oxydemeton-methyl 247 169 + 25 Dimethomorph (mixture of (E)-, (Z)-isomers) 388 301 +
4 Aldoxycarb 240 86 + 26 Dimethenamid (Racemic Mixture) 276 244 +
5 Oxamyl 237 72 + 27 Chloroxuron 291 72 +
6 Methomyl 163 88 + 28 Dipropyl Isocinchomeronate 252 164 +
7 Thiamethoxam 292 211 + 29 Azoxystrobin 404 372 +
8 Clothianidin 250 169 + 30 Fenamidone 312 92 +
9 Imidacloprid 256 175 + 31 Imazalil 297 159 +
10 Dimethoate 230 199 + 32 Bitertanol 338 269 +
11 Acetamiprid 223 126 + 33 Chromafenozide 395 175 +
12 Ethopabate 238 206 + 34 Tebufenozide 353 133 +
13 Thiacloprid 253 126 + 35 Carpropamid 334 139 +
14 Tebuthiuron 229 172 + 36 Fentrazamide 350 197 +
15 Azamethiphos 325 183 + 37 Coumaphos 363 227 +
16 Propoxur (PHC) 210 111 + 38 Indoxacarb (Racemic Mixture) (Indoxacarb-MP) 528 150 +
17 Bendiocarb 224 109 + 39 Trifloxystrobin 409 186 +
18 Carbaryl (NAC) 202 145 + 40 (Z)-Fenpyroximate 422 366 +
19 Metalaxyl 280 220 + 41 Flumiclorac-pentyl 441 308 +
20 Diuron (DCMU) 233 72 + 42 Fluazifop-P-butyl (Fluazifop-butyl) 384 282 +
21 (Z)-Ferimzone※1 255 91 + 43 (E)-Fenpyroximate (Fenpyroximate) 422 366 +
22 (E)-Ferimzone※1 255 91 + 44 Pyridalyl 492 109 +
※1 フェリムゾンはE体とZ体は合算で20µg/mL含有しています。E体とZ体は各10µg/mL濃度で製造しておりますが、比率は保管中に変化する場合があります。

農薬混合標準液 PL-LMⅡ(2)(LC/MS)(各20μg/mlDMF溶液)

■LC/MS/MSによるクロマトグラム(ポジティブモード/MRM)

001745-03.png

【分析例】

装置: LCMS-8040(島津製作所製)
カラム: Wakopak® Ultra C18-3 2.0mm × 150mm
カラム温度: 40℃
溶離液: A) 0.01mol/L酢酸アンモニウム溶液
     B) アセトニトリル
流速: 0.2mL/min.
注入量: 2.0µg/mL, 1µL
検出器: 質量検出器
イオン化法: ESI法


グラジエント条件 MS/MS 条件
時間 (分)B (%)
0 5
10 40
15 40
30 95
35 95
極性ポジティブ
印加電圧(kV) 4.5
霧化ガス流量(L/min) 2.0
乾燥ガス流量(L/min) 15.0
ヒートブロック温度(℃) 300
DL温度(℃) 200
【ご注意】
測定条件、チャート等は参考データであり、農薬混合標準液を保証するデータではありません。

■成分一覧(6種)(各20µg/mL)

Peak No.成分名測定イオンモード
プレカーサープロダクト
1 Carbendazim 192 160 +
2 Thiabendazole 202 175 +
3 Flubendazole 314 282 +
4 Parbendazole 248 216 +
5 Chlorantraniliprole 484 453 +
6 Buquinolate 362 316 +
※ 長期安定性及び溶解性を考慮して、製品はN,N-ジメチルホルムアミド(DMF)に溶解しています。

一斉試験法に記載された成分の公定法別組み合わせ例

他の一斉試験法に合わせた農薬混合標準液の組み合わせ例です。

一斉試験法(食安発第1003002号による)対応商品(略号)
GC/MSによる農薬等の一斉試験法 (農産物) 農・PL-1, 2, 3, 4, 5, 6, 9, 10, 11, 12, 13
LC/MSによる農薬等の一斉試験法Ⅰ(農産物)「穀類、豆類、種実類、果実及び野菜」 農・PL-7, 14, 15, 17
LC/MSによる農薬等の一斉試験法Ⅰ(農産物)「茶及びホップ」 農・PL-7, 14, 15, 17
LC/MSによる農薬等の一斉試験法II(農産物) 農・PL-8, 16
GC/MSによる農薬等の一斉試験法(畜水産物)「筋肉、脂肪、肝臓、腎臓及び魚介類」 農・PL-1, 2, 3, 4, 5, 6, 9, 11, 12, 13
GC/MSによる農薬等の一斉試験法(畜水産物)「乳、卵及びはちみつ」 農・PL-1, 2, 3, 4, 5, 6, 9, 10, 11, 12, 13
LC/MS による農薬等の一斉試験法I(畜水産物)「筋肉、脂肪、肝臓、腎臓及び魚介類」 農・PL-7, 15, 17
LC/MS による農薬等の一斉試験法I(畜水産物)「乳、卵及びはちみつ」 農・PL-7, 15, 17
LC/MSによる農薬等の一斉試験法II(畜水産物) 農・PL-LMⅡ(1), (2)
HPLCによる動物用医薬品等の一斉試験法I(畜水産物) 動・PL-1, 2
HPLCによる動物用医薬品等の一斉試験法II(畜水産物) 動・PL-1, 2
HPLCによる動物用医薬品等の一斉試験法III(畜水産物) 動・PL-2

製品一覧

農薬混合標準液

一部、一斉試験法記載の成分で、混合液に含まれていない成分がございます。
※2 特定毒物を含むためご購入の際は、「特定毒物研究者許可証」が必要となります。
※3 第1種特定化学物質を含むため、ご購入の際は、「確約書」が必要となります。

動物用医薬品混合標準液

関連製品一覧

前処理用カラム

分析カラム

GPCクリーンアップ用カラム

「LC/MSによる農薬等の一斉試験法Ⅱ(畜水産物)」では試料の精製過程でゲル浸透クロマトグラフィー(GPC)によるクリーンアップ工程があります。本製品は、上記試験法に対応したGPCクリーンアップ用カラムです。
  • ・掲載内容は、2018年5月時点での情報です。法律および最新情報は、コードNo.をクリックいただきご確認いただけます。
  • ・掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • ・表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • ・表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は、本ページ一覧表中のコードNo.をクリックいただくか、siyaku.com(http://www.siyaku.com/)をご参照下さい。

お問合せについて

お問合せ等につきましては、 以下「お問合せ窓口」 からお問合せください。
また、お客様から寄せられた「よくある質問」を掲載しています。お問合せの前に一度ご確認ください。