旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

アミノ酸組成分析

APDS法

APDS法は、従来は2時間かかっていたアミノ酸分析を数分間で測定することができる新しい高速アミノ酸分析法です。3-アミノピリジル-N-ヒドロキシスクシンイミジルカルバメート(APDS)で誘導体化し、HPLCで分離、質量分析計で検出することにより、クロマトグラムにおける保持時間が同一であっても、m/zによってそれぞれのアミノ酸を区別することができ、分析時間を大幅に短縮することが可能です。

ラインアップ

  • 誘導体化試薬
  • UHPLC用カラム
  • 緩衝液・溶離液
  • アミノ酸標準品

プロトコル

試料にアルカリ性条件下で反応試液を加え、加温するとアミノ基に3-アミノピリジル-N-ヒドロキシスクシンイミジルカルバメート(APDS)が結合した誘導体化物を生成します。この溶液を液体クロマトグラフィーにより分離し、アミノ酸誘導体化物の面積値を質量電荷比ごとに検出し、得られた面積値と標準液の面積値の比より試料中の各アミノ酸濃度を求めます。

001528-01.png

製品一覧

誘導体化試薬

※本製品は研究用試薬です。研究用試薬を用いて得られた測定結果を診断に用いることはできません。

UHPLC用カラム

品名容量希望納入価格(円)コードNo.
Wakopak® Ultra APDS TAG® φ2.1mm×100mm(W) 1本 120,000 235-63973
※本製品は、アミノ酸分析試薬(LC/MS用)(APDSタグ®)を用いて誘導体化されたアミノ酸類を分析するのに最適なUHPLC用カラムです。
【テクニカルレポート】Wakopak® Ultra APDS TAG® を用いたアミノ酸含有飲料中のアミノ酸類の定量

緩衝液・溶離液

アミノ酸標準品

関連製品一覧

  • ・掲載内容は、2018年1月時点での情報です。法律および最新情報は、コードNo.をクリックいただきご確認いただけます。
  • ・掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • ・表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • ・表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は、本ページ一覧表中のコードNo.をクリックいただくか、siyaku.com(http://www.siyaku.com/)をご参照下さい。

お問合せ

  • 0120-052-099
  • 受付時間:平日9:30~12:00、13:00~17:00

    上記時間以外のお問合せは、お問合せフォームからからお問合せください。
  • お問合せフォーム