旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

メタ位選択的 C-H ほう素化配位子

Cy-Ubpy, Amino-bpy

Cy-Ubpy.png

C-H 活性化反応は、通常、有機合成反応において不活性なC-H(炭素−水素)結合を切断し、新たな結合生成を行う手法で、大変注目されています。このような反応は、工程数を減らすことができる反面、多くのC-H 結合の中から特定のC-H 結合のみを官能基化するため、反応の選択性が重要となります。

Cy-Ubpyはアリール化合物を基質とし、カルボニル基を足掛かりにメタ位選択的ほう素化[B(pin)]反応が進行します。また、前駆体のAmino-bpyに対して、各種イソシアネート化合物を変更することで、Cy-Ubpyとは異なるウレア配位子を合成することが可能です。

Cy-Ubpy = Cyclohexyl-Urea bipyridine
 (よみ:シクロヘキシル−ユービッピー)

特長

  • 収率、位置選択性、共に優れたC-Hほう素化配位子

アプリケーション

反応メカニズム

Cy-Ubpy02.png

メタ位選択的C-Hほう素化反応

Cy-Ubpy03.png

【参考文献】
1)Kuninobu, Y., Ida, H., Nishi, M. and Kanai, M. :Nat. Chem., 7, 712 (2015).

製品一覧

品名容量希望納入価格(円)メーカーコード
Cy-Ubpy 250mg 14,000 036-25221
Cy-Ubpy 1g 40,000 032-25223
1 2-[(2,2'-Bipyridin)-5-yl]aniline【Amino-bpy】 250mg 10,000 027-19101
1 2-[(2,2'-Bipyridin)-5-yl]aniline【Amino-bpy】 1g 30,000 023-19103

関連製品一覧

オルト位選択的C-Hほう素化配位子

イリジウム触媒

  • ・掲載内容は、2017年7月時点での情報です。法律および最新情報は、メーカーコードをクリックいただきご確認いただけます。
  • ・掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • ・表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • ・表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は、本ページ一覧表中のメーカーコードをクリックいただくか、siyaku.com(http://www.siyaku.com/)をご参照下さい。

お問合せ

  • 0120-052-099
  • 受付時間:平日9:30~12:00、13:00~17:00

    上記時間以外のお問合せは、お問合せフォームからからお問合せください。
  • お問合せフォーム