旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

低水分 有機塩基溶液

有機塩基化合物は有機合成において重要な反応剤の一つで、基質のpKaを基に適切な反応剤を使用します。
しかし、多くの塩基化合物は水と敏感に反応し失活することが知られており、反応の再現性などに大きく影響します。
この度、低水分を保証した塩基溶液シリーズをラインアップしました。各容量ともシリンジ針で抜き取る事ができるため、空気中の水分と触れることなく使用する事ができます。

特長

  • 潮解しやすい塩基化合物を低水分、高活性な状態で使用可能
  • シリンジで抜き取ることが可能なため、長くフレッシュな状態で使用可能
     (超脱水と同様のキャップ採用)

アプリケーション

(+)-Rubriflordilactone Aの全合成

(+)-Rubriflordilactone_A_reaction.png

【参考文献】
1) Anderson, E. A. et al.: Angew.Chem. Int. Ed., 54,12618 (2015)

各種溶媒におけるpKa値

SubstratepKaSubstratepKa
H2ODMSOH2ODMSO
t-Butane 53** t-BuOH 17.0** 32.2*
CH4 48** 56** DBN
PhH 43** DBU 17.0** 12**
NH3 38** 41** DABCO 2.97, 8,82** 2.97, 8.93**
H2 -36** 41* DMAP 9.2**
*pKa table (Bordwells' group) : http://www.chem.wisc.edu/areas/reich/pkatable/ (2016/12/27現在)
**pKa table (Evans' group) : http://evans.rc.fas.harvard.edu/pdf/evans_pKa_table.pdf (2016/12/27現在)

規格例:1.0mol/L t-BuOK, THF溶媒

外観 試験適合
密度(20℃) 0.903 ~ 0.907 g/ml
水分 0.1% 以下
濃度 0.8 ~ 1.1mol/L
IR(ATR法) 試験適合
カリウム 試験適合

包装容器イメージ

100mL・500mL容量品
溶媒抜き取り方法

図のようにN2ガスを吹き込みながら、シリンジにて溶媒を抜き取って下さい

youki.png

製品一覧

関連製品一覧

  • ・掲載内容は、2017年7月時点での情報です。法律および最新情報は、メーカーコードをクリックいただきご確認いただけます。
  • ・掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • ・表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • ・表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は、本ページ一覧表中のメーカーコードをクリックいただくか、siyaku.com(http://www.siyaku.com/)をご参照下さい。

お問合せ

  • 0120-052-099
  • 受付時間:平日9:30~12:00、13:00~17:00

    上記時間以外のお問合せは、お問合せフォームからからお問合せください。
  • お問合せフォーム