旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

DNPH-アルデヒド分析

Presep®-C DNPH, Wakopak® Wakosil® DNPH-Ⅱ

アルデヒド類分析用カラムのご紹介です。 アルデヒド類は環境大気中の有害物質として、日本国内(悪臭防止法、大気汚染防止法、室内空気汚染[シックハウス]対策など)はもとより、海外(米国EPAなど)でも問題視されています。測定方法は、2,4-ジニトロフェニルヒドラジン(DNPH)で誘導体化して、ガスクロマトグラフィー(GC)または、高速液体クロマトグラフィー(HPLC)で分析するものです。とくに、「固相捕集-HPLC法」は大気捕集、溶媒抽出の操作が容易な、簡便性に優れた手法です。

プロトコル

捕集・・・固相捕集管にて試料を捕集 (Presep®-C DNPH / Presep®-C Ozone Scrubber)

溶出・・・アセトニトリルにて溶出 (アルデヒド分析用アセトニトリル)

分析・・・HPLCにて分析 (Wakopak® WS DNPH-Ⅱ / Wakosil® DNPH-Ⅱ 溶離液A,B / 各種標準液)

アプリケーション

Wakopak® Wakosil® DNPH-Ⅱを用いて、15成分モニタリングを行った際のPresep®-C DNPH のブランク、 空気サンプリング(室内空気)およびDNPH誘導体標準品のクロマトグラム

66_DNPH_bunsekirei.png

製品一覧

  • ・掲載内容は、2016年10月時点での情報です。法律および最新情報は、コードNo.をクリックいただきご確認いただけます。
  • ・掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • ・表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • ・表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は、本ページ一覧表中のコードNo.をクリックいただくか、siyaku.com(http://www.siyaku.com/)をご参照下さい。

お問合せについて

お問合せ等につきましては、 以下「お問合せ窓口」 からお問合せください。
また、お客様から寄せられた「よくある質問」を掲載しています。お問合せの前に一度ご確認ください。