旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

水質分析キット「テストワコー」シリーズ

71-2_testwako_suishitsu.jpg

当社ではシアン、活性塩素、フェノール測定用の簡易キットをご用意しています。 活性塩素の測定にはDPD(硫酸N,N-ジエチル-p-フェニレンジアミン)法を原理としたキットと2,2'-アジノビス(3-エチルベンゾチアゾリン-6-スルホン酸)(略名ABTS)を発色剤とした測定キットをご用意しています。

ラインアップ

  • 【活性塩素-テストワコー】ABTS を発色剤とした残留塩素測定用キット
      操作が簡便且つ、遊離塩素と結合塩素による 呈色反応速度の差が大きいため同一試験管内で正確に測定することが可能
  • 【活性塩素-DPDテストワコー】DPDを用いた残留塩素測定キット
      DPDは錠剤を用いるため秤量の必要がなく簡便に使用可能
  • 【シアン-テストワコー】 塩酸 o-トリジンの呈色反応を利用したシアンイオン測定キット
      複雑な試薬の用時調整が不要で、 遊離シアン濃度1ppm以下でも半定量が可能
  • 【フェノール-テストワコー】 4-アミノアンチピリン法によるフェノール測定用キット
      迅速且つ高精度な測定が可能

プロトコル

【活性塩素-テストワコー】

(1)パッキングを取り付ける。 (2)検水 6mL (刻線まで)を入れる。 (3)発色試薬錠を 1 錠加える。 (4)パッキングで試験管の口を抑えて3秒間(5回ほど)振とうする。
000229-img07.gif 000229-img08.gif 000229-img09.gif 000229-img10.gif
(5)5 秒静置後、直ちに 1~2cm 離して色調表と照合し、遊離塩素量を求める。 (6)比色後、振とうして発色試薬錠を完全に溶解する。 (7)5分後1~2cm離れて色調表を照合し、全塩素量を求める。
000229-img11.gif 000229-img12.gif 000229-img13.gif


●使用上の注意

  • 遊離塩素を測定するに際しては、放置時間が長くなりますと結合塩素とも反応しますから、錠剤を加えて 10 秒以内に比色して下さい。この場合、発色試薬錠は完全に溶解しなくても測定値に影響はありません。
  • 色調表との照合は明るい自然光下で行って下さい。
  • 専用試験管は充分洗浄したものを使用して下さい。
【参考文献】

1) S. Hunig. et al.:Ann., 676, 36 (1964)
2) H. Lang et al.:Z. Analyt. Chem., 201, 321 (1964)

【活性塩素-DPDテストワコー】

1. 遊離残留塩素量(Clmg/L)の測定

(1)“活性塩素-DPD テスト試験管” (商品コード:294-34151)にパッキンを取り付け、検水を 5mL (刻線まで)入れる。

000229-img01.gif


(2) 検水にりん酸緩衝液を1滴加える。

000229-img02.gif

(3) DPD錠を1錠加える。

000229-img03.gif

(4) パッキンで試験管の口を押さえて約5秒間激しく振とうする。

000229-img04.gif

(5) 試料の呈色を色調表と比色し、遊離残留塩素量を読み取る(試料の呈色は試験管の側面から読み取る)。

000229-img05.gif

2. 残留塩素量(Clmg/L)の測定

(1) 1-(5)の試料に KI 錠を1錠加え軽く混和後、約 2 分間静置する。

(2) 試料の呈色を色調表と比色し、遊離残留塩素量を読み取る(試料の呈色は試験管の側面から読み取る)。

000229-img06.gif

3. 結合残留塩素量(Clmg/L)

残留塩素量と遊離残留塩素量の差を結合残留塩素量とする。

【参考文献】

厚生省生活衛生局 水道環境部 監修:「上水試験方法」.p.210.(日本水道協会)(1993)

製品一覧

  • ・掲載内容は、2016年10月時点での情報です。法律および最新情報は、コードNo.をクリックいただきご確認いただけます。
  • ・掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • ・表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • ・表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は、本ページ一覧表中のコードNo.をクリックいただくか、siyaku.com(http://www.siyaku.com/)をご参照下さい。

お問合せについて

お問合せ等につきましては、 以下「お問合せ窓口」 からお問合せください。
また、お客様から寄せられた「よくある質問」を掲載しています。お問合せの前に一度ご確認ください。