旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

藍藻毒

ミクロシスチン

microcystin2.png

富栄養化の進んだ湖沼では、藍藻類が異常増殖し水面にアオコ (水の華)を形成します。藍藻類のほとんどの種類は有毒物質を生成しているとされており、その中でも検出頻度が高いのがミクロシスチンです。ミクロシスチンは80種類以上の同族体が報告されています。ミクロシスチンは生活環境水の人体への影響が懸念されており、日本では環境基準の要調査項目、水道法の要検討項目に指定されています。

アプリケーション

ミクロシスチンYR及びYRの15N標識体のLC/MSクロマトグラム

HPLC Conditions
Column
Eluent
Flow rate
Temperature:
Inject. vol.
Wakopak® Navi C18-5 2.0 mm × 150 mm
A) 10mM ぎ酸アンモニウム-0.1%ぎ酸、 B) メタノール B conc. 30-80%(0-25min.)
0.3 mL/min.
50℃
0.3μg

Microcystin_01.jpg

参考文献
T. Sano, H. Takagi, K. Nagano, M. Nishikawa, K. Kaya:Anal. Bioanal. Chem., 399, 2511-2516 (2011).

製品一覧

非ラベル体

安定同位体標識品

関連製品一覧

  • ・掲載内容は、2016年10月時点での情報です。法律および最新情報は、コードNo.をクリックいただきご確認いただけます。
  • ・掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • ・表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • ・表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は、本ページ一覧表中のコードNo.をクリックいただくか、siyaku.com(http://www.siyaku.com/)をご参照下さい。

お問合せについて

お問合せ等につきましては、 以下「お問合せ窓口」 からお問合せください。
また、お客様から寄せられた「よくある質問」を掲載しています。お問合せの前に一度ご確認ください。