旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

分子状酸素を用いたクリーンな環境調和型酸化触媒

ルテニウム(Ⅲ)ヒドロキシアパタイト

大阪大学 金田清臣教授により開発された、分子状酸素を用いる新規な固定化酸化触媒です。

天然の無機結晶化合物であるヒドロキシアパタイトの表面を配位子とし、RuCl3水溶液で表面を処理して得られます。
反応に分子状酸素(O2)もしくは空気を用いるため、クロム酸や二酸化マンガンなどの有害重金属を使用せずクリーンな酸化反応を行う事ができます。

特長

  • 高活性触媒
  • 生成物との分離が容易
  • 再利用可能
  • 有害な試薬を使用しないクリーンな酸化反応

アプリケーション

29app.jpg

一級、二級アルコールの分子内競争酸化反応

29app.jpg

ヒドロキシアパタイト固定化ルテニウム触媒による環境調和型酸化反応

和光純薬時報 Vol.71, No.3 (2003)

製品一覧

品名容量希望納入価格(円)メーカーコード
Ruthenium(III) Hydroxyapatite 1g 7,500 182-01851
Ruthenium(III) Hydroxyapatite 5g 26,000 188-01853
  • ・掲載内容は、2017年4月時点での情報です。法律および最新情報は、メーカーコードをクリックいただきご確認いただけます。
  • ・掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • ・表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • ・表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は、本ページ一覧表中のメーカーコードをクリックいただくか、siyaku.com(http://www.siyaku.com/)をご参照下さい。

お問い合わせ

  • 0120-052-099
  • 受付時間:平日9:30~12:00、13:00~17:00

    上記時間以外のお問い合わせは、お問い合わせフォームからからお問い合わせください。
  • お問い合わせ