旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

高分子固定化オスミウム触媒

PI 酸化オスミウムⅡ型

PI Osmium Oxide TypeⅡは、オスミウムを担持させるポリマーの分子量を大幅に 増大させることにより、PI Os に比べ高い耐溶剤性を実現しました。スチレン誘導体で不斉ジヒドロキシル化反応を行 うと、オスミウムの漏れ出しを従来の触媒よりさらに抑制しつつ、高収率かつ高選択的に反応が進行します1)

【参考文献】
1) 三宅 寛, 秋山 良, 小林 修:日本化学会第90 春季年会 1F6-40 (2010).

特長

  • 反応生成物および原料との分離が容易(触媒の回収が容易)
  • 繰り返し使用が可能
  • 昇華性抑制により毒性、刺激臭を低減
  • 耐溶剤性が向上

アプリケーション

25app_1.jpg

反応例
α-メチルスチレンジヒドロキシル化反応を、触媒を回収・再使用し5 回連続して行ったところ、活性の低下を伴うこ となく高収率かつ高選択的にジヒドロキシル化体が得られました。また、様々なスチレン誘導体でも高収率かつ高選 択的に目的物が得られました。

25app.jpg

ラインアップ

PI 酸化オスミウム(Ⅷ)

酸化オスミウムを高分子カルセランド型(Polymer-Incarcerated)のポリマーに担持させた固定化触媒です2)

特長

  • 反応物との分離が容易で、繰り返し使用が可能
  • 揮発性を抑制することで毒性、刺激性が低減し取り扱いが容易
  • 高い反応性
  • 立体選択性

アプリケーション

反応例

25.application-1.jpg

【参考文献】
2) 土屋康典・秋山 良・小山田秀和・小林 修 日本化学会第89 春季年会 3G3-05

製品一覧

品名容量希望納入価格(円)メーカーコード
PI Osmium Oxide TypeⅡ 1g 25,000 160-24491

関連製品一覧

  • ・掲載内容は、2017年3月時点での情報です。法律および最新情報は、メーカーコードをクリックいただきご確認いただけます。
  • ・掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • ・表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • ・表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は、本ページ一覧表中のメーカーコードをクリックいただくか、siyaku.com(http://www.siyaku.com/)をご参照下さい。

お問合せ

  • 0120-052-099
  • 受付時間:平日9:30~12:00、13:00~17:00

    上記時間以外のお問合せは、お問合せフォームからからお問合せください。
  • お問合せフォーム