旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

高分子固定化白金触媒

PI白金(0)

本製品は、東京大学大学院理学系研究科の小林らが開発した、酸化反応に有用な高分子カルセランド(Polymer-Incarcerated)型白金触媒[PI Pt]です。さまざまな酸化剤がヒドロキノンからキノンへの酸化のために使われてきましたが、量論反応では、用いた酸化剤が還元された化合物が、副生成物として残ってしまいます。アトムエコノミーや環境化学的な観点からみると、酸素分子を用いる触媒的な酸化方法が望まれます。これまでいくつかの触媒の報告例はありますが、基質適用性に限りがあり、特にクロロヒドロキノンのような電子吸引性基を有するヒドロキノンの酸化は困難とされていました。PI白金(0)、酸化触媒は、広範なヒドロキノンやカテコール誘導体の酸素酸化を室温でスムーズに行えます。

特長

  • 反応生成物または原料との分離が容易
  • 室温で酸化反応が可能
  • 繰り返し使用が可能

アプリケーション

反応例

24.application-1.jpg

【参考文献】
1)H. Miyamura, M. Shiramizu, R. Matsubara, S. Kobayashi:Angew. Chem. Int. Ed., 47, 8093 (2008)

ラインアップ

高分子固定化白金/金触媒 PI 白金(0)/金(0)

本品は、東京大学大学院理学系研究科の小林らが開発した高分子カルセランド(Polymer-Incarcerated)型白金/金触媒[PIPt/Au]です(下図参照)1)。架橋型ポリスチレンに白金と金を担持させた、初めて塩基を添加せずに室温でアルコールの酸素酸化反応を達成した不均一系触媒です。1級または2級アルコールをアルデヒドまたはケトンに酸化でき、金に強く配位する硫黄や窒素などのヘテロ原子を持つアルコールでも酸化が可能です。

24.application-2(tokutyou).jpg

特 長

  • 反応生成物または原料との分離が容易
  • 室温で酸化反応が可能
  • 繰り返し使用が可能
  • 塩基の添加が不要

アプリケーション

1-フェニル-1-エタノールの酸化反応

1-フェニル-1-エタノールの酸化反応において、触媒の回収・再使用を6 回行うと、いずれも定量的にアセトフェノンが得られます(Table 1.)。

24.application-3.jpg

様々なアルコールの酸化反応

様々なアルコールの酸化反応において、高収率でアルデヒドまたはケトンが得られます(Table 2.)。

24.application-4.jpg

【参考文献】
1)H. Miyamura, R. Matsubara, S. Kobayashi: Chem. Commun., 2031 (2008)

製品一覧

品名容量希望納入価格(円)メーカーコード
PI Platinum(0), Oxidation Catalyst 500mg 20,000 166-24731

関連製品一覧

  • ・掲載内容は、2017年3月時点での情報です。法律および最新情報は、メーカーコードをクリックいただきご確認いただけます。
  • ・掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • ・表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • ・表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は、本ページ一覧表中のメーカーコードをクリックいただくか、siyaku.com(http://www.siyaku.com/)をご参照下さい。

お問合せ

  • 0120-052-099
  • 受付時間:平日9:30~12:00、13:00~17:00

    上記時間以外のお問合せは、お問合せフォームからからお問合せください。
  • お問合せフォーム