旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

ノーベル賞受賞の反応が体験できます

鈴木-宮浦クロスカップリング反応体験キット2

14.seihinn.jpg

本キットではパラジウム触媒、塩基の存在下で、芳香族ホウ素化合物と芳香族ハロゲン化合物がカップリングし ビアリール骨格の化合物を合成することができます。

合成される化合物は蛍光性を持った分子でブラックライトを当てることでそれぞれ黄、青に蛍光します。

キットは2種類の蛍光分子を合成でき、そのうちの1つはソルバトクロミズム性を持ち反応液にヘキサンを加えることで蛍光色が変わります。

パラジウム触媒添加後、反応が速やかに進行しますので、触媒の理解を得るにも有用です。

特長

  • 蛍光発色により化学反応を視覚でわかりやすく理解ができる
  • 2種類の蛍光分子の合成反応実験を用意
  • 1キットで約40人分(10mL/人の場合)
  • 必要な試薬をセット化
  • 室温で短時間に反応が進行(実験時間約20分)
  • 現品説明書に鈴木章先生のメッセージ・サイン入り

アプリケーション

反応機構

14.application-1.png

反応の様子

14.application-2.png

触媒サイクル

14.application-3.png

Q&A

Q1.キットに添付のパラジウムを添加したが、反応が進まない。

A1.以下のような原因が、考えられます。

①反応に時間が掛かる
室温の状況などで反応が始まるまでに時間が掛かる場合があります。
40℃位のぬるま湯で少し暖めるか、更に撹拌を続けてください。

②過剰量のパラジウムの添加
過剰量のパラジウムを添加すると反応が起こらないことがあります。キットに添付のパラジウムは、全量を使用しません。
始めは、1滴の酢酸パラジウムアセトン溶液を添加し、様子をみて数滴追加して下さい。

③パラジウムの失活
キットに添付のパラジウムが黒くなっていたら失活している可能性があります。
その際には、弊社までお問い合わせ下さい。

Q2.試薬が水に溶けない。

A2.40℃位のぬるま湯に容器をつけて、暖めてよく撹拌してください。

インフォメーション

◆残余廃棄物 : 可燃性溶剤と共に、アフターバーナー及びスクラバーを具備した焼却炉で焼却します。

廃棄においては関連法規ならびに地方自治体の条例に従って下さい。

上記方法による処理ができない場合は都道府県知事の許可を得た専門の廃棄物処理業者に委託処理を行って下さい。

◆汚染容器及び包装 : 空容器を廃棄する場合、内容物を完全に除去した後に処分して下さい。

製品一覧

品名容量希望納入価格(円)メーカーコード
Suzuki-Miyaura Cross Coupling Reaction Experiment Kit2 1キット 14,000 289-90581
  • ・掲載内容は、2017年4月時点での情報です。法律および最新情報は、メーカーコードをクリックいただきご確認いただけます。
  • ・掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • ・表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • ・表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は、本ページ一覧表中のメーカーコードをクリックいただくか、siyaku.com(http://www.siyaku.com/)をご参照下さい。

お問合せ

  • 0120-052-099
  • 受付時間:平日9:30~12:00、13:00~17:00

    上記時間以外のお問合せは、お問合せフォームからからお問合せください。
  • お問合せフォーム