旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

鈴木-宮浦カップリング反応・Buchwald-Hartwig反応

SAPd触媒

9.seihinn.jpg

本製品は、硫黄修飾金メッシュにパラジウムを担持した不均一系触媒です。

特長

  • リガンドフリーで反応が進行
  • パラジウム低漏洩量で反応が進行
  • 繰り返し使用可能

アプリケーション

鈴木-宮浦カップリング反応1)

9.application-1.gif

Buchwald-Hartwig反応2)

9.application-2.gif

プロトコル

1.SAPd触媒を反応液中へ直接入れ、反応温度まで加温する。 (基質0.5 mmol~1 mmolに対し、SAPd触媒1枚が目安。)

2.反応が完了したら、ピンセットなどでSAPd触媒を取り出す。

3.非極性溶媒で軽く洗浄する。洗浄後は再使用が可能。

9.application-3.jpg

製品一覧

品名容量希望納入価格(円)メーカーコード
SAPd Catalyst (12×14mm) 1枚 85,000 190-17321
  • ・掲載内容は、2017年3月時点での情報です。法律および最新情報は、メーカーコードをクリックいただきご確認いただけます。
  • ・掲載されている試薬は、試験・研究の目的のみに使用されるものであり、「医薬品」、「食品」、「家庭用品」などとしては使用できません。
  • ・表示している希望納入価格は「本体価格のみ」で消費税等は含まれておりません。
  • ・表示している希望納入価格は本記事掲載時点の価格です。最新価格は、本ページ一覧表中のメーカーコードをクリックいただくか、siyaku.com(http://www.siyaku.com/)をご参照下さい。

お問合せ

  • 0120-052-099
  • 受付時間:平日9:30~12:00、13:00~17:00

    上記時間以外のお問合せは、お問合せフォームからからお問合せください。
  • お問合せフォーム