旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

メールマガジンMailMagazine

  • 2018年10月11日
  • ライフサイエンス

【新製品】タンパク質の局在&移行を高感度に解析!ReStart LUC【富士フイルム和光純薬ニュース 10月11日号】


★・‥...━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...‥・★
 
 "タンパク質の局在&移行"を高感度に解析
  『東洋ビーネット ReStart LUC

★・‥...━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...‥・★

 ReStart LUCは"タンパク質の局在&移行"を高感度に解析することができる検出タグです。

 ☆製品の詳細・解析例は、ホームページをご覧ください。


 【測定原理】
 特定の位置で切断して生物発光能を失活させた北米産ホタルルシフェラーゼを再構成することにより、発光能を回復させます。
 その際、ルシフェラーゼのC末端側を検出タグとすることで、以下のような解析を行うことができます。

 1)分泌タンパク質の解析
 2)タンパク質の細胞内小器官移行解析

 

 ホタルルシフェラーゼはその大きさから細胞膜を透過できませんが、ReStart LUCは、細胞膜を透過できる
 ルシフェラーゼ断片をターゲットタンパク質に融合発現させることで膜透過可能な検出タグとして使用できます。


 【主な用途】
 ・分泌タンパク質の局在/分泌量のモニタリング
 ・細胞膜表面における膜タンパク質の発現解析
 ・チャネル異常の研究


 ☆製品の詳細・解析例は、ホームページをご覧ください。


 □■ お知らせ―――――――――――――――――――――――――――
   第34回 Wakoワークショップ「神経科学:基礎から臨床」開催!
   日時:2018年11月14日(水)
   場所:秋葉原コンベンションホール
   参加費:無料      
   お申込はこちらから

キーワード検索

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ