旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

メールマガジンMailMagazine

  • 2018年7月31日
  • ライフサイエンス

【新製品】医薬品の開発・品質管理のモニタリングに 【富士フイルム和光純薬ニュース 7月31日号】


★・‥...━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...‥・★
 
  組換えタンパク質医薬品の開発・品質管理のモニタリングに

  『Host Cell Protein Detection ELISA Kit / Antibody』

★・‥...━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...‥・★

 組換えタンパク質医薬品に残存する宿主細胞由来タンパク質(Host Cell Protein)は、
 免疫反応を引き起こすことがあるため、製造プロセスにおいて安全性に影響のないレベルまでに
 モニタリング・除去するプロセスが必要とされています。

 HCP は多様なタンパク質の集団であり、検出には高いカバー率を有する抗体が必要です。
 また、安定した結果を得るためにロット間差が小さく抑えられていることも求められます。

 CHO 宿主細胞由来タンパク質、E.coli 宿主細胞由来タンパク質を測定するELISAキットと、関連する抗体を紹介します。

 ☆製品の詳細・使用方法はホームページをご覧ください。


 Canopy Biosciences 社は、世界の優れた技術を研究ツールとして製品化している米国のメーカーです。
 本製品は、バイオプロセシング分野で長年の経験を有する研究者によって開発された製品です。

 【特長】
 ■カバー率が高い
 ■ロット間差が少ない
 ■安価
 ■ダイナミックレンジが広い

 【カバー率】
 Sypro Ruby 染色で検出されたタンパク質スポット数と抗 HCP 抗体で検出されたスポット数よりカバー率(%) を
 算出したところ、Canopy 社の CHO HCP 抗体は他社と比較して、高いカバー率を示した。

  

 ☆詳細なデータはこちらをご覧ください

キーワード検索

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ