旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

メールマガジンMailMagazine

  • 2017年12月05日
  • セミナー/学会/展示会
  • ライフサイエンス

ConBio2017 ランチョンセミナーのお知らせ【12/7 (木)】【和光純薬ニュース 号外】


★・‥...━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...‥・★

  第40回 日本分子生物学会年会・第90回 日本生化学会大会合同大会 
  Consortium of Biological Sciences 2017

   ~ランチョンセミナーのお知らせ~
   Leading edge of exosome research
   エクソソーム研究最前線


★・‥...━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...‥・★

 和光純薬工業では、ConBio2017 (12/6~9 神戸ポートアイランド)におきまして
 下記の要領にて、ランチョンセミナーを開催いたします。

 展示ブース(神戸国際展示場3号館1F No.332)では、
 粗品が当たる抽選会や、細胞外小胞研究に関するエクソソームガイドブック配布を
 実施しております。ぜひお越しください。

   記

 【日時】2017年12月7日(木) 11:45~12:45
 【場所】神戸ポートピアホテル本館 B1F, 偕楽 3(第3会場)

 【演者・演題名】
 <演題1>Extracellular vesicles and glycans
      細胞外小胞と糖鎖

 舘野 浩章
 (産業技術総合研究所 創薬基盤研究部門 細胞グライコーム標的技術グループ長)

 <演題2>Effective tools for Exosome Research
      ~ from high purity purification to high sensitive analysis ~
      細胞外小胞研究ツールの紹介 ~高純度精製から高感度検出まで~

 中川 祐二
 (和光純薬工業株式会社 ライフサイエンス試薬開発部)

 【要旨】
  近年、エクソソームを含む細胞外小胞を用いたバイオマーカー探索や再生治療
  に関する研究報告が増えてきているが、細胞外小胞上の糖鎖解析に関する報告
  例は多くない。糖鎖は全ての細胞の最外層を覆い、細胞―細胞間相互作用を媒
  介することにより多様な機能を担っている。そのため、細胞から細胞外に分泌
  される細胞外小胞も糖鎖で覆われており、細胞表層糖鎖の構造変化に呼応して、
  その構造が変化すると考えられる。また、糖鎖は細胞外小胞の最外層に位置す
  ることから、体内動態、細胞への取り込み、細胞―細胞間のコミュニケーション
  等において重要な機能を担っていると考えられる。

  本セミナーでは、産業技術総合研究所 舘野 浩章先生を講師としてお招きし、
  レクチンアレイを用いた細胞外小胞の糖鎖プロファイリングから、細胞外小胞
  の糖鎖研究の今後の展望について概説いたします。また、細胞外小胞を高純度
  精製、高感度検出可能な技術および製品もご紹介いたします。

 【高純度精製】
  MagCapture™ Exosome Isolation Kit PS 製品詳細ページはこちら

 【高感度検出】
  PS Capture™ Exosome ELISA Kit 製品詳細ページはこちら

 【ConBio2017 ホームページはこちら