旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

メールマガジンMailMagazine

  • 2017年9月13日
  • 分析

土壌ガス調査に!クロロエチレンを含む13種揮発性有機化合物混合標準液 【和光純薬ニュース 9月13日号】


★・‥...━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...‥・★
 
 土壌ガス調査にお使いいただける
 
 『13種揮発性有機化合物混合標準液

★・‥...━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...‥・★

 平成29年4月から土壌汚染対策法の第1種特定有害物質(揮発性有機化合物)に
 クロロエチレン(別名:塩化ビニル又は塩化ビニルモノマー)が追加された事を受け、
 当社では12成分の混合標準液をご用意致しました。

 【特長】
 ■揮発性が高く取り扱いづらいクロロエチレンを含み、調液作業の手間が省ける
 ■環境省告示第三十六号(平成二十九年三月三十一日改正)の混合標準原液として使用可能


 ☆製品の詳細はこちらをご覧ください

 【第1種特定有害物質(揮発性有機化合物)】
クロロエチレン 四塩化炭素 1,2-ジクロロエタン 1,1-ジクロロエチレン
シス-1,2-ジクロロエチレン 1,3-ジクロロプロペン ジクロロメタン テトラクロロエチレン
1,1,1-トリクロロエタン 1,1,2-トリクロロエタン トリクロロエチレン ベンゼン



 他、23種揮発性有機化合物混合標準液(JCSS)、25種揮発性有機化合物混合標準液(JCSS)等の
 関連製品もご用意致しております。
 併せてご活用下さい。

 ☆製品及び関連製品の詳細はこちらをご覧ください