旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

メールマガジンMailMagazine

  • 2016年10月18日
  • ライフサイエンス

長鎖DNA解析の効率UP!スピンカラムで操作も簡単♪【和光純薬ニュース 10月18日号】

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★

 DNAの分解を大幅に抑制し、長鎖長を一度に増幅可能!

 【NEW!】

  ○エピサイト バイサルファイトコンバージョンキット Ver.2
○エピサイト BisulTaq DNAポリメラーゼ, 組換え体, 溶液 Ver.2


★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★

 独自開発したバイサルファイト溶液および反応エンハンサーの添加により
鋳型ゲノムDNAの分解を抑制し、かつシトシンのウラシルへの変換効率を向上させた製品です。

 新製品のVer.2ではスピンカラムを採用し、
より簡便にDNAを精製できるようになりました!
この機会にぜひお試しください。

 【特長】
■独自開発のエンハンサーによりDNAの分解を抑制!
□CpGリッチな配列を効率よく増幅!
■専用のTaq DNA Polymeraseとの併用で安定的かつ高効率に増幅可能!

 【使用例】
サンプル:Lambda DNA
非メチル化シトシン:150ヶ所
PCR増幅鎖長:910bp

 【結果】
150ヶ所ある非メチル化シトシンはすべてチミンに変換されていた。
従来のバイサルファイト法ではDNAの分解が激しく条件設定できなかった
900bp以上のPCR産物の増幅に成功した。

 【実験の詳細・その他使用例はこちらをご覧ください】