旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

メールマガジンMailMagazine

  • 2016年7月19日
  • ケミカル

取り扱いやすくリニューアル!選択的還元触媒Pd/C(en)(含水品) 【和光純薬ニュース7月19日号】

★・‥...━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...‥・★

 ~選択的還元触媒~

  『Pd/C(en)(含水品)

★・‥...━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...‥・★
 
 本品は、Pd/Cをエチレンジアミンで活性制御した選択的還元触媒です。
 これまで、乾燥品を販売しておりましたが

 『乾燥品は発火の危険性があり、取扱いが難しい。。。』

 というお声を多数いただいておりました。
 そこで、より安全に取扱いいただけるよう
 このたび含水品としてリニューアルいたしました!

 『でも、含水品だと反応性が変わるのでは?』

 ご安心ください、乾燥品と同等の反応性を示すことを確認しております!
 
 Pd/C(en)は、下記図の赤枠内を還元(脱保護)できる性質があります。
  *注)基質や反応条件により反応性は若干異なります。

 
コードNo. 品名 容量 希望納入価格(円)
160-27311 Pd/C(en) (Pd 5%)(含水) 5g 5,500
168-27312 25g 15,000
166-27313 100g 55,000
165-27621 Pd/C(en) (Pd 10%)(含水) 5g 12,000
163-27622 25g 26,000
161-27623 100g 照会


 ※和光コードをクリックすると弊社検索サイト"Siyaku.com"にリンクします。
  最新の価格、製品の概要はこちらをご参照ください。

 【その他の選択的還元触媒関連製品はこちら

 【反応例】
◆―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――◆  
 1.ベンジルエーテル基存在下での選択的還元反応

 
◆―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――◆
 2.Cbz基存在下での選択的還元反応

 
◆―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――◆
 3.エポキシド存在下での選択的還元反応

 
◆―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――◆
 4.カルボニル基の選択的還元反応

 
◆―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――◆

 <参考文献>
 佐治木弘尚、廣田耕作:有機合成化学協会誌, 59, 109 (2001).
 H. Sajiki, K. Hirota, et al.J. Org. Chem., 63, 7990 (1998).
 H. Sajiki, K. Hirota, et al.Tetrahedron, 56, 8433 (2000).
 H. Sajiki, K. Hirota, et al.Tetrahedron Lett., 41, 5711 (2000).
 H. Sajiki, K. Hirota, et al.Chem. Eur. J., 6, 2200 (2000).
 H. Sajiki, K. Hirota, et al.J. Chem. Sci., Perkin. Trans. 1, 4043 (1998).