旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

メールマガジンMailMagazine

  • 2015年2月24日
  • 法規

和光純薬ニュース <法規制案内> - 2015/02/24 -

和光純薬ニュース<法規制案内>
========================================================================
法規制案内 配信スタート!
========================================================================
平素は和光純薬製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます。
このたび和光純薬では、法規制案内のメールの配信を開始することとなりました。
今後も最新情報をお届けいたします。ご活用いただければ幸いです。


指定薬物(いわゆる危険ドラッグ)の追加について

平成27年2月18日、指定薬物として新たに6物質が指定され、平成27年2月28日に施行されます。
施行後はこらの物質とこれらの物質を含む製品の所持・使用等が原則禁止されます。

今回追加の物質 (下記6物質)  下記物質及びその塩類を含む
①. 1−(インダン−5−イル)−2−(ピロリジン−1−イル)ヘキサン−1−オン
別名:5-BPDI
②. キノリン−8−イル=1−(4−フルオロベンジル)−1H−インダゾール−3−カルボキシラート
別名:FUB-NPB-22
③. 1-(1-フェニルペンタン-2-イル)ピロリジン
別名:Prolintane Katovit
④★.4−ベンジルピペリジン
⑤◎.1-(ベンゾフラン-2-イル)プロパン-2-アミン
別名:2-APB
⑥. メチル=2−[1−(4−フルオロベンジル)−1H−インダゾール−3−カルボキサミド]−3,3−ジメチルブタノアート
別名:MDMB-FUBINACA FUB-ADB MDMB-Bz-F

④★ 1.元素又は化合物に化学反応を起こさせる用途を含む
2.学術研究又は試験検査の用途を含む(ただし、第一号に掲げる者における
場合を除き、かつ、人の身体に使用する場合以外の場合に限る)
⑤◎ 元素又は化合物に化学反応を起こさせる用途を含む

【※ご注意】
このメールは厚生労働省からの公布等を転載していますが、
必ず下記を参照下さいますようお願いします。

【厚生労働省:指定薬物6物質追加について】
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/yakubuturanyou/index.html

【指定薬物について】http://www.mhlw.go.jp/bunya/iyakuhin/yakubuturanyou/scheduled-drug/