旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

お知らせINFORMATION

【糖尿病・肥満研究用 ELISAkitキャンペーン】実施中

himan_banner.png

日頃のご愛顧に感謝いたしまして、シバヤギ製品、和光純薬の糖尿病・肥満研究用ELISAキットを15% OFFにてご提供中です。この機会をお見逃しなく!

キャンペーンパンフレットはこちら

【対象製品】

●インスリン測定用ELISAキット

高感度タイプから高濃度測定用まで幅広いタイプを取り揃えています。
ご使用の目的に応じてお選びください。
製品紹介ホームページ


●GLP-1測定用ELISAキット

GLP-1は腸管L細胞から分泌される消化管ホルモンで、糖刺激によるインスリン分泌の増強やグルカゴン分泌抑制を介して血糖値降下作用を示します。

・GLP-1 ELISAキットワコー, 高感度品(Total GLP-1測定)
 特異性の高いGLP-1抗体を用いたマウス、ラット血漿中のtotal GLP-1を特異的に測定可能なELISAキットです。
 製品紹介ホームページ

・レビス® GLP-1(Active) (活性型GLP-1測定)
 マウス/ラット血清・血漿・培養上清中の活性型GLP-1を測定可能なキットです。
 他のGLP-1やGLP-2、グルカゴン等とは交差せず、活性型GLP-1(GLP-1(7-36)amide)のみを特異的かつ高感度に検出可能です。
 製品紹介ホームページ


●GIP測定用ELISAキット

GIPは糖や脂肪の摂取により十二指腸のK細胞から分泌される消化管ペプチドホルモンで、膵臓β細胞に作用してインスリンの分泌を促進します。
GIPには活性型GIP (1-42)と不活性型GIP (3-42)の2種類のアイソフォームがあり、GIP (1-42) はDPP-4 により血中で分解されて失活し、GIP (3-42) に代謝されます。

・マウスGIP(活性型) ELISAキットワコー
 マウス血漿中の活性型GIP 量を特異的に測定可能なELISAキットです。
 製品紹介ホームページ


●プロインスリン測定ELISAキット

プロインスリンはインスリンの前駆体です。膵島 B 細胞内で合成された後、酵素分解によりインスリンと C-ペプチドとなります。

・レビス®プロインスリン-マウス/ラット
 マウス、ラット血清・血漿中のプロインスリンを測定可能なキットです。
 製品紹介ホームページ


●C-ペプチド測定用ELISAキット

インスリンは細胞内で1本鎖のプロインスリンの形で合成された後、S-S結合が形成され、酵素分解による活性化がおこってC-ペプチドとインスリンが分離します。C-ペプチドはプロインスリンから分離したあと、インスリンとともに分泌されます。

・レビス® C-ペプチド(Uタイプ)シリーズ
 C-ペプチド測定用キットの高感度タイプです。低濃度領域のC-ペプチドを特異的かつ高感度に測定可能です。
 マウス、ラット用の2種類を取り揃えております。
 製品紹介ホームページ


●PYY測定用ELISAキット

PYY(Peptide YY)は36アミノ酸からなる消化管ペプチドホルモンです。主に腸管に分布しているL型細胞から食後に分泌され、血液や迷走神経を介して摂食抑制作用を示します。

・マウス/ラットPYY ELISAキットワコー
 マウス、ラットの血清および血漿中のPYY量を特異的に測定可能なELISAキットです。
 製品紹介ホームページ


●アディポネクチン測定用ELISAキット

アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されるサイトカインのひとつで脂肪代謝とインスリン感受性を制御し、抗糖尿病、抗アテローム(抗粥状硬化症)、抗炎症性作用を示す重要な物質です。

・レビス® 高分子アディポネクチン-マウス/ラット
 マウス、ラットの高分子アディポネクチンを特異的かつ高感度に測定可能なキットです。
 製品紹介ホームページ


●レプチン測定用ELISAキット

レプチンは正常脂肪細胞から分泌され中枢を刺激し、食欲の低下、交感神経活性化による脂肪分解を促す善玉アディポサイトカインとして知られています。

・レビス® レプチン-マウス
 血清、血漿中のレプチンを特異的かつ高感度に測定可能です。
 製品紹介ホームページ

一覧へ戻る