旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

水道水質基準項目・水質管理目標設定項目

トレーサビリティが確保された標準液 JCSS

平成27年4月以降、水質基準に関する省令の規定に基づき校正労働大臣が定める方法が順次改正され、現在では標準原液だけでなく標準液、混合標準液についても、国家計量標準にトレーサブルなJCSSをご使用頂けます。
当社は、イオン標準液、金属標準液、有機標準液、pH標準液のJCSS登録事業者として、国家計量標準へのトレーサビリティを確保することでさまざまな試験・校正結果の信頼性を根幹から支えています。また、ILAC(国際試験所認定協力機構)およびAPLAC(アジア太平洋試験所認定協力機構)の国際相互承認(MRA)に加盟しているIAJapan(独立行政法人 製品評価技術基盤機構 認定センター)より国際MRA対応認定事業者として認定を受けており、ILAC MRA付きJCSS認定シンボルの付いた校正証明書を発行しています。

特長

・ILAC MRA付きJCSS認定シンボルの入った校正証明書を発行

お問い合わせ

  • 0120-052-099
  • 受付時間:平日9:30~12:00、13:00~17:00

    上記時間以外のお問い合わせは、お問い合わせフォームからからお問い合わせください。
  • お問い合わせ