旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

陰イオン界面活性剤分析用カラム

Wakopak® Wakosil® AS-Aqua

アプリケーション

陰イオン界面活性剤試験用標準液の分析

HPLC分析条件

*市販されている標準液に直鎖型陰イオン界面活性剤(L)があります。これは、HPLC分析において、実際の洗剤成分(当社が取り扱っている分岐鎖を含む標準液)とは異なる挙動を示します。なお、Wakopak® Wakosil AS-Aquaは直鎖と分岐鎖についても認識・分離が可能です。

アプリケーション

陰イオン界面活性剤試験用標準液とトルエンの分離

前処理方法により測定用の抽出試料にトルエンが混入する場合がありますが、Wakopak® Wakosil® AS-Aquaを使用した分析では、トルエンと陰イオン界面活性剤は分離して溶出します。トルエンピークの妨害を受けることなく分析可能です。

試料:混合標準液10 μg/mL(CH<sup>3</sup>OH)にトルエン1 μL/mL 添加、10 μL 注入

お問い合わせ

  • 0120-052-099
  • 受付時間:平日9:30~12:00、13:00~17:00

    上記時間以外のお問い合わせは、お問い合わせフォームからからお問い合わせください。
  • お問い合わせ