旧式のOS、ブラウザでご利用になっています。
最新のOS、ブラウザにアップデートしてください。

逆相カラム(C18カラム)

Wakopak® Wakosil® C18 シリーズ

ラインアップ

【高エンドキャップタイプ】

当社独自の表面処理技術により、ODS化とエンドキャップ処理をしています。酸性から塩基性の種々の試料に対して優れたピーク形状と再現性が得られます。Wakopak® Wakosil C18タイプはカーボン含有率20%の高保持、高分離能タイプで、特に極性が高く保持の弱い試料に有効です。Wakopak® Wakosil 5C18 ARは酸性移動相や水リッチな条件下においてもODSのリークが最小限に抑えられ、優れた耐久性を示すポリメリックODS充てん剤です。Wakopak® Wakosil C18-200タイプは、カーボン含有率が12%と低く、迅速分析が可能です。しかし分離能はWakopak® Wakosil C18タイプとほぼ同等の値を示し高分離を維持しています。

  • Wakopak® Wakosil 5C18
  • Wakopak® Wakosil 7C18
  • Wakopak® Wakosil 10C18
  • Wakopak® Wakosil 5C18 AR
  • Wakopak® Wakosil 5C18-200
  • Wakopak® Wakosil 10C18-200

【エンドキャップタイプ】

ODS化後のエンドキャップ処理は行っていますが、わずかにシラノールを残したタイプです。配糖体や医療品など、逆相分配とわずかなシラノールの吸着を利用し分離させる場合に有用です。中性試料については、高エンドキャップタイプと同様な保持特性を示します。

  • Wakopak® Wakosil 5C18T
  • Wakopak® Wakosil 5C18-200T

【ノンエンドキャップタイプ】

シリカゲル表面に最大限のODS化をしていますが、エンドキャップ処理は行っていません。Wakopak® Wakosil-Tタイプより更にシラノールの吸着性を持たせた充てん剤です。また、Wakopak® Wakosil 5C18Nは、5C18-200Nに比べてシリカゲルの物性から残存シラノール量が多くなり、より吸着効果が高くなっています。位置異性体あるいは、構造の類似している化合物の分離分析に有用です。

  • Wakopak® Wakosil 5C18N
  • Wakopak® Wakosil 5C18-200N

エンドキャッピングテストの比較

お問い合わせ

  • 0120-052-099
  • 受付時間:平日9:30~12:00、13:00~17:00

    上記時間以外のお問い合わせは、お問い合わせフォームからからお問い合わせください。
  • お問い合わせ